welcome title2012.jpg
ashiato.jpg

2014年06月30日

朝ポタとメンテ

630-1.jpg

昨日の土砂降りでびしょ濡れになったランドナー。 昨日はとりあえず軽く拭いてしまっておいたが
やはりそのままではよくないので、今朝はまず水分飛ばしがてらの朝ポタ。
坂戸運動公園の近くの蓮を見に行ったりしながら適当に20kmほど。
今朝もなんだか微妙な空模様でした。

630-2.jpg


戻ってきてからは各部のメンテ、そして久しぶりにBrooksのサドルにオイルもたっぷり塗っておきました♪

6月はあまり乗れなかったが7月は体力不足解消のために少し乗る回数を増やしたいぞ。
posted by kuma_oga at 17:53| 埼玉 ☔| Comment(2) | 自転車に乗った日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月29日

雨降る前に・・しかし。

629-1.jpg

夜には雨が降っていたようで路面はウェットで空はドンヨリ曇り空。 予報では午後からの天気が不安定らしい。
じゃあ、とりあえず午前中は大丈夫だな。 その後は空の様子を伺いながら走れば大丈夫だろう。という事で
家を出るとチラホラ青空も出て来て一安心。

629-2.jpg

毛呂方面に進み、八高線の陸橋でタイミング良く踏切の音が聞こえてきたのでカメラを出してパチリ・・

629-3.jpg


629-4.jpg

毛呂山運動公園のプール跡地の花蓮が見頃らしいので寄ってみました。
大ぶりな蓮が多い感じで20種類以上あるらしい。 行田の「古代蓮」もココでも見ることが出来ますよ(^^)

629-5.jpg


629-6.jpg


629-8.jpg

蓮を見た後はアジサイが咲き続く桂木線を上がって桂木観音へ。
この時点では空気も澄んでいてスカイツリーまでクッキリと見えました。→ズーム!
気持ちのいい風を浴びながらしばし休憩した後は滝の入線で越生へ。

629-9.jpg

ん? 産直所の前に新しいお店発見!  迷わず入ってみました(笑
出来たばかりで外も中もピカピカでした。
629-10.jpg

ミックスピザとナポリタンを頼んで相方とシェアしながら美味しく頂きました(^^)

食後は空模様はまだ大丈夫そうなので都幾川エリアへ・・・
ん? 山の方からゴロゴロと雷鳴が聞こえる気がする。。ま、大丈夫でしょ。先には進まず家の方に向かう。
途中、豆腐工房わたなべに入る「奥武蔵自転車旅行社」さんご一行を発見!代表のNさんとは
最近お仕事絡みでの交流が続いてたので、後を追ってご挨拶させて頂きました(^^)

ゆっくりお話したい所だったが、黒い雲が迫ってきてるので先を急ぎます。
みるみる広がる黒い雲、そして近づいてくる雷鳴・・・ランドナーとは思えないスピードで逃げる!!
が、家まであと300mで雷雨に捕まりズブ濡れで帰宅w うーむ。 

とりあえず覚悟はしていたので良しとしておこう。

posted by kuma_oga at 17:46| 埼玉 ☔| Comment(0) | 自転車に乗った日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月26日

朝ポタで巾着田

626-1.jpg

仕事が詰まっていてあまり乗れてない今月。
どうも、自転車に乗ってないとあちこち調子が悪くなるようで、背中は痛くなるし食欲も落ちてしまう。
これではいかんな。と、少し仕事の先が見えてきた今朝は朝ポタに行って来ました。

626-2.jpg

ささーっと走って巾着田の蓮の様子見。 ポツポツと咲き始めてましたが、見頃はもう少し先かな。
626-3.jpg


626-4.jpg

咲いてる花のいくつかを写真に撮ってかわせみ街道〜宿谷権現堂線経由で鎌北湖へ。

626-5.jpg

昨日の雨で林道はやや荒れ気味だったが「朝練?」らしきロード乗りの方3人とすれ違いました。
鎌北湖の後はノンビリもしてられないので帰路につく。

626-6.jpg

帰りに若宮橋を通ってみました。  橋脚の所の斜めの棒は壊れてましたが通行可で一安心。
橋がちょっと曲がったような気がするのは気のせいであろうか??

この後は最短距離で帰宅。  気分転換出来て良かった♪



追記
若宮橋の曲がり方が気になったので過去写真を探してみたら・・・・
2012年8月16日の写真がありました。↓
626-7.jpg

ふむ。この頃から曲がってます。
先日の雨の被害ではないようです。ほっ。^^
posted by kuma_oga at 12:28| 埼玉 ☔| Comment(3) | 自転車に乗った日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月17日

戸隠ポタ!?

615-1.jpg

取材遠征の後はビジネスホテルに1泊。 翌日曜日は前日の疲れもあるし、家までが遠いので「軽く戸隠エリアを
ポタポタしてから帰りましょう」という事にしました。 前の週は仕事が積もってたのであまり下調べもできず、
おおよそのルートだけ地図で確認した程度。 ま、問題ないでしょ。景色良さそうだし^^

ビジネスホテルのバイキング形式の朝食をしっかり食べて出発・・
朝から賑わう善光寺を軽く見物してから北側の山に上がってく。地図には「戸隠バードライン」とある。
こんな名前がついてる道はだいたい気持ちのいい道のはず。  し、しかし...
615-3.jpg

10%近い坂を少し上って行くと・・「七曲り」という所。 斜度看板は16%!?

615-2.jpg

「おいおい、なんだコレ?」 道は鉄骨で囲われ地面は蜂の巣状のコンクリートの凸凹、そして斜度は16〜20%位あり、車通りも結構多いのにこの幅で対面通行しかもバスまで走ってくる・・・
そんなヘアピンのカーブが8つも続く道。(なんで「七曲り」なのに8つのカーブがあるんだ!?)

激坂というより「鬼坂」である。 走り出して5kmくらいしか走ってないのにこんな所を走らされるとは・・
とてもとても足つき無しでは上れない。 足つき数回、そして少し押しまで入ってなんとかクリア。
帰ってから調べてみると結構有名な激坂でした・・そして心霊スポットでもあったりw 二度と来るか!(怒

615-15.jpg


615-4.jpg

七曲りを抜けると景色もググッと良くなって来た。 酷い道の後にはいい道、いい景色が広がるもんである。
しかし、景色は良くなったが予期せぬ自体が・・・道路には無数の毛虫歩兵部隊がウネウネと歩き回り、
頭上からはこれまた無数の毛虫降下部隊がぶら下がっている・・しかも延々と。
うわわわわ・・景色を楽しむどころか、その毛虫を避ける事に全神経を集中させないと進めない・・
これも後から知ったが、今はこのあたりに毛虫が大発生してるとの事(><;

七曲がりを抜けても5〜10%近い坂はそれなりに続き、毛虫を避けながらの障害物ヒルクラで
飯綱高原に到着。 もう完全に「ポタ」でも「サイクリング」でもない別の何かとなっている。

高原の商店で売られてた「苺スムージー」を食べながら大休憩してると商店の奥のテレビではちょうど
W杯で日本がゴールを決めた所らしく盛り上がっていた。
私はサッカーに全く興味がないので今までに試合を見たことが無い。ルールも選手もよく知らない(笑) 野球も同じw

さてさて、休憩後は先へ・・・まだ毛虫が居たらどうしようと思っていたが、この先はだいぶ減って一安心。
615-5.jpg


615-6.jpg

やっと景色も道も楽しめる高原の道となった。  緑の中をまっすぐ抜ける道、木々が開けた所からは
遠くに北アルプスの山々。 そして涼しい風が吹き抜け気持ちいい(^^)

615-7.jpg

お昼ご飯はこちらの超有名店。 戸隠で一番混む蕎麦屋さんの「うずら家」さん。もちろん今日も大行列。
普段の週末なら3時間待ちは当たり前のお店だが、今日はW杯の影響か1時間くらいの待ちで入れそう。
名前を書いて待ち時間の間に鏡池へ。 ちょっと上ってググッと下りて到着。
一番上の写真はこの鏡池の入口の写真です。
615-9.jpg

水面が穏やかだと奥の山々の映り込みが綺麗な池ですが、今日は少し波立ってるので映り込みは見えなかった。
それでも景色はピカイチの美しい池でしたよ。 お蕎麦の予約もあるので長居はしないですぐ戻ります。

615-8.jpg

うんうん、これが噂のうずら家さんの戸隠蕎麦! 天ぷらも頂きました・・美味かったー!
店員さんもすごく丁寧で気持ちのいい方ばかりで人気店なのも納得です^^

さて、食後は少しだけでも「戸隠神社」の雰囲気を見ておかないと。
615-10.jpg

奥社駐車場脇に自転車を置いて15分ほど歩いてやってきたのがこちら。
背の高い巨大な杉ノ木の間に続く奥社への参道の途中にある随神門。

615-11.jpg

そして随神門の先にはさらに大きな杉ノ木が続いていく。 凄い迫力、パワースポットというのも頷ける。
さらに先に歩いて行きたい気もするが時間も押してきてるので、少しだけパワーを頂いたと信じて
今回はココで折り返し、来た道を戻る。

615-12.jpg

予定ではバードラインをグルッと一周回る予つもりだったが、道の雰囲気は十分味わったので予定変更で
大望峠に向かいます。 少し戻って鬼無里に続く県道36号線へ。
そして北アルプスの展望が素晴らしい大望峠の展望台に到着。
615-13.jpg

解ってはいたが、ココは午前中に来るべき所。 せっかくの北アルプスがほとんど見えないです(笑
そのうちリベンジ確定です(笑 
少し休憩した後は一気に鬼無里〜長野のデポ地Pに戻ってきた。

毛虫が居ない時期に七曲りを通らないルート設定でまた来てみたい戸隠エリアでした(^^)

615-14.jpg

鬼無里で見かけた建物(倉庫?)の前で1枚。 


↑七曲りをYouTubeで紹介してる方が居ました。 丁寧な案内付きで解りやすいです^^
posted by kuma_oga at 10:19| 埼玉 ☔| Comment(6) | 遠征サイクリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月16日

梅雨の晴れ間の取材遠征

614-1.jpg


614-2.jpg


614-3.jpg


ずっと雨続きで自転車誌の取材に行けずに困っていたのだが、ようやくこの週末に天気予報で晴れマーク!
別件の仕事を一気にまとめて土曜日の早朝から行って来ました。 出版前なのでルートは詳しく書けない
ですがこんな写真の所の絶景ルート。(行った事ある人ならこの写真で解るかな(笑))

出発地点に向かうまでの空は快晴。 いい写真が撮れるかも! と期待するがスタート地点ではなぜか
ドンヨリと曇り空・・・うーむ。 困ったがとりあえず準備して出発する。

しかし空模様はどんどん悪くなり、ついには雨まで降ってくる始末。 しばしの間雨宿りしながら
「取材やりなおしか??」と不安になってくる。 雨脚が弱まってきたところでグイグイと上っていくと
少し青空が! ふう。一安心です。 そして標高が1500mを越えたあたりから黒い雲が白い雲に変わり、
濃い青空と澄んだ空気でクッキリとした景色が広がってくれました^^

定番ルートのようでちょっと捻った絶景ライドコース紹介にしてみましたが、かなり楽しめるルートです!
詳細は来月中旬の「自転車人」でご覧下さい。
他にもたくさんの絶景ルートが紹介されるので是非是非ご購入くださいませm(_ _)m

614-4.jpg

取材途中・・・イワカガミがあちこちに咲いてましたよ^^
posted by kuma_oga at 10:13| 埼玉 ☔| Comment(5) | 遠征サイクリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月09日

嗚呼、島田橋&若宮橋

今月に入ってからというもの雨、雨、雨の毎日・・・梅雨とはいえ、ウンザリです。
ま、仕事が詰まってるので、週末も仕事がはかどっていいのだが。

そんな昨日、作業片手にツイートを見ていると衝撃の写真が流れてきた。 島田橋が流されてるのである。
その前の土曜日には水没写真も流れてたが、そこは「冠水橋」(沈下橋)。水量が多くなれば水の下に
沈むもの。 水がひいてゴミの山と共に復活する事が多いので「大丈夫だろう」と思っていたのだが・・うむむ。

今朝目覚めて外を見てみると雨は止んでいるようなので、実際に見ておこうとランドナーでひとっ走り
近場の冠水橋の現状を見回ってきました。 時間もあまりないので最短ルートで島田橋に到着。
ツイートで写真を見てたとはいえ、 変わり果てた島田橋の状況はすさまじい。
609-2.jpg


609-3.jpg


609-4.jpg

橋桁は一応残ってはいるが、床板はすっかり流されてしまってます。
状況から見ると写真手前側から流されたようですね。
先日修復完了したばかりなのに何とも残念。
今回の修復はかなりの時間がかかりそうです。

さてさて・・島田橋のこの状況を見ると当然気になるのは少し上流の若宮橋。
若宮橋の方が島田橋よりも水面から床板までの高さが低く、長さもあるので全く無事とはいかないだろう。
で、もちろん行ってみました。 高麗川沿いに川を眺めながら走って行くが、いつもの見慣れた景色の
「清流 高麗川」ではなく、茶色く濁り水量も数倍でした。

609-5.jpg

若宮橋。
あららら・・・崩壊はしてないもののかなりの被害のようす・・・
流れてきた枝や木、ゴミ、その他諸々が山のように積もり、橋そのものが見えないほど。 

609-6.jpg

こちらの方には早速ユンボが持ち込まれ、その積もった物の撤去作業に取りかかるところでした。
工事の人の話によると「橋脚が何本かヤラれてるかもしれん」との事。いずれにしてもしばらくは
通行止にはなるのではないだろうか。。

ついでに「多和目橋」と「多和目天神橋」も見てきましたがこちらは無事でした。良かった。
と思ったら・・ん?よく見ると橋脚の斜めの棒が壊れてますね・・手前から二本目。
609-1.jpg

↑多和目天神橋。

島田橋&若宮橋・・時間がかかっても風情のある元の姿に戻ってほしいものです。


609-8.jpg

↑壊れる前の島田橋

609-7.jpg

↑若宮橋
posted by kuma_oga at 11:15| 埼玉 ☔| Comment(4) | 自転車に乗った日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。