2019年06月12日

柏崎から自宅へ

ホテルで目覚めるとちょっと足がクタクタ。まあ当然か。
朝風呂に入って軽くマッサージして、ビュッフェ形式の朝食をしっかり食べて
チェックアウト。 「帰りも自走だ!」なんて言える訳もなく、日本海を見て
上越妙高まで走って輪行で帰りましょう。 走ってきたからこそ余計に解るけど
ブルベの人ってホント凄い! 600kmとか絶対無理です。

613-1.jpg

さて、ホテルを出て少し走ると日本海! 昨日夕日を見れなかったのが残念だけど
とりあえず自走で来れたことで今回はヨシ!としておこう。

今日は距離も60km程度だし、急ぐわけでもないのでノンビリ日本海を眺めながら
直江津方面に向かって漕いでいきます。
海岸沿いって平坦なようだけど常にアップダウン。クタクタな足でヨレヨレと
クリアしていく感じ。

613-2.jpg


しばらく走ると可愛いクジラのトンネル(御野立トンネル)が出てきた。
比較的最近この柄になったようで綺麗でいい感じ。

613-3.jpg

トンネルは車道と歩道で親子?のようで「ざっきー」と「かっしー」と名前まで付いてたよ。
そして横には昔、鬼が住んでたと伝えられる「鯨波鬼穴」なんて洞窟があったりでなかなか面白い所です。

613-4.jpg


613-5.jpg

それにしても快晴でいい日本海日和。
地元埼玉の方はかなり暑いようだけどこのあたりは23〜4度位で快適快適♪

613-6.jpg

このあたりから海に向かって降りていくと「日本一海に近い駅」の青海川駅があるのだけど
また上ってくるのは今の足では億劫なのでパス。
(後から思うとやはり行っておくべきだったかとプチ後悔w)

613-7.jpg

先に見えるのが上杉謙信の狼煙場だったとされる聖ヶ鼻。
海に突き出た感じがとてもいい感じ。海からの風も気持ちよかった〜

613-8.jpg

線路に沿って走ってると先の方から電車が来るのが見えたので少し待機。
なんだか渋い貨物が走り抜けていきました。 
昔「カシオペア」や「北斗星」を牽いてたFF510 504号機では?と仲間に教えて貰いました^^

613-9.jpg

ふと足下に目を向けるとセクシーなマンホール。
それぞれのキャラクターも可愛くて今まで見たマンホールの中でもかなりセンスのいいマンホールです。
大潟町はすでに上越市となって今は無いけど、このマンホールは残していってほしいな。

613-10.jpg

さてさて、そんなこんなで気がつくと直江津に来てました。
写真は上越火力発電所。 そして先を見ると・・

613-11.jpg

町の先には雪を被った北アルプスの山々がずらり並んでいるのが見えますよ。
もっとよく見たいので久比岐自転車道でさらに富山方面に向かおうかとも少しよぎったけど
ココは無理せず予定通りに上越妙高駅方面に向かう事にします。
お昼前で少しお腹が空いてきたので直江津で何か美味しい物を・・・と、スマホで調べて
美味しそうな所を2箇所ほどチェック。
1件目・・・長い行列でパス。 2件目・・・開店前から行列でパス。うーむ。

まだ腹が空きすぎてる訳でもないから移動しながら考えよう。

613-12.jpg

桜で有名な高田城。 前から一度来たかったので寄ってみました。桜の時期ではないけどね。
しかし! 園内はスマホ片手の人が大勢前を見ないでウロウロウロウロ・・・
通路の真ん中にとどまってどいてくれない人多数! なんです?コレ??
ポケモンGOか何かですか?  ホント邪魔!
イラっとくるのでこの写真撮っただけで即撤退しましたよ。

613-13.jpg

駅までもう少しといったところで、直江津の有名店?の富寿司さんがあったので寿司ランチ。
これで1380円。安すぎでしょ! 満足満腹になりました。

613-14.jpg

食後は少し走って上杉謙信さまが迎える上越妙高駅に到着なり。
新幹線で高崎〜八高線〜東上線と乗り継いで帰宅。
2日間のオッサン自転車一人旅が終了。
約320kmの楽しい2日間でした。

また機会を見てロングライド旅もしたいですね。


posted by enozo at 20:11| Comment(0) | 自転車に乗った日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください