welcome title2012.jpg
ashiato.jpg

2015年09月12日

プチ遠征中断

912-1.jpg


地震で起こされた久しぶりの青空の週末。
進めていた仕事は昨晩で完了!?したので神奈川方面にプチ遠征に行く事にした。
雑誌「自転車人」でもよく紹介されていて気になっていた「尺里峠」を絡めてちょっと距離は短いが
こんな感じ→ルートラボ「チェックメイトCC~尺里峠と中山峠」のルートにしてみました。

酒匂川の河川敷駐車場にデポして、軽く足慣らしで酒匂川〜川音川周辺を散策してから松田山方面に
上がって行く。 東側のメインルートから上がる人がほとんどだと思うがピストンしたくないので
西側の細道からの道から上がるが、これが思いの外大変!! 最初からややキツめの坂が続く。

912-3.jpg

ミカン畑の間の道を上がって行くと林道最明寺線。
さらに斜度は上がり、ずーっと12%位の斜度で地面は苔と落石だらけ・・そして顔の周りは虫が飛び回る。 
うーむ。結構過酷な道ではないか。
汗だくでクタクタ・・まさに「王手!」がかかったような状態でチェックメイトCC の前に到着。

912-2.jpg

ここからの絶景が見たかったのです♪
目の前には酒匂川、開成町〜小田原の町並み、その先には相模湾が広がります。
富士山も見えるハズだけど、相変わらず富士山運は悪く今日は雲の中でした・・・

景色を見ながら休憩してると一本の電話・・・急ぎの仕事の電話だ...orz
とりあえず大丈夫そうではあるが、早く戻った方がいい雰囲気なのでこの先は諦め一気に下って
車に戻って圏央道を飛ばして帰って来た。
尺里峠と中山峠はまたそのうち行ってみよう。(富士山見える時に)

なんだか激坂上りにきただけになってしまったなw
posted by kuma_oga at 14:58| 埼玉 ☔| Comment(2) | 遠征サイクリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月09日

貴重な休みは横手山

808-1.jpg


この8月は仕事がめちゃくちゃ混んでいて遊ぶ時間が取れないぞ。と諦めモードだったのだが・・
先週9箇所もブヨに刺され、痛みで3日ほどマトモに歩く事も出来ず。
幸か不幸かマトモに歩けない分、仕事に専念出来て土曜日1日分の余裕が出来ました(笑)

さて、やや疲れ気味で回復途中のブヨ足でその貴重な1日をどうしよう。
この時期、涼を感じながら気軽に走れるのはやはり渋峠か・・家から2時間ちょいで草津までいけるしね。

808-2.jpg

道路は所々で新しくなって走りやすいが、どうも山の上は雲の中で景色は今ひとつ。 
いまさら別の場所にって訳にもいかないのでそのまま上がりましょう。 上は晴れてるかもしれないし。
808-3.jpg

日差しが無い分、暑くなくて走りやすいね。 雲に隠れた景色を見ながら上がって行きます。

808-4.jpg

いつも止まる展望駐車場も雲の中。
4人組の自転車乗りさんにご挨拶すると・・なんと奥武蔵エリアの自転車乗りさんご一行(^^)
その中のお一人はいつも楽しみに読ませて頂いてる、奥武蔵の見どころを毎日更新されてるブログ
比企・奥武蔵CYCLE情報局」のホセさんでした。
こちらの方々とはこの後、国道最高地点まで途中途中で再会し楽しくお話しさせて頂きました。
(今度は奥武蔵エリアで再会致しましょう♪)

808-5.jpg

白根山まではずっとこんな感じで青空はほとんど無し。雲の景色の中を上がって行く。
白根山は火山活動の影響で駐停車禁止。係の方が「止まらずに進んで下さい〜」と呼びかけているので
そのままスルーして先へ進む。 万座道路の分岐あたりから青空が見え始めました。

808-6.jpg


808-7.jpg

所々に咲くヤナギランと青空がやはり夏らしい高原道路の雰囲気。徐々に雲が抜けてテンションも上がります。

808-8.jpg


808-9.jpg

そうそう、やはりこの道はこうでないと! 上ってきて良かった^^
国道最高地点〜渋峠、そして横手山山頂へ。

808-10.jpg

山頂への道にはゲートがあり「進入禁止」と書かれているが、どなたかのブログで山頂まで自転車で
行かれていた方を見たので、リフトの係員に聞いてみると「自転車は行っていいですよ」との事。
ゲートを越えて上がって行くと、上では「自転車も禁止です」と言われてしまいました。むむむ・・・・

808-11.jpg

ともあれ、「今日はいいですよ」とお許しを頂いたので山頂のスタバ跡に出来た新しいカフェで
「クランペット」という物を頂いた。「日本初のクランペット専門店」との事。
食べてもクランペットがどういう物かはよく解らなかったけど美味しかった^^
食後は横手山ドライブインまで行って折り返し。

808-12.jpg

途中に咲いてたミヤコグサかな? いい香りの花。

808-13.jpg


808-14.jpg

下り道 山田峠あたりでまた雲が出始めました・・・そして・・

808-15.jpg

あらら、白根山を過ぎるとずっと霧の中。 視界は5mほどの所も・・
慎重に下って車に戻り、帰りに温泉〜「あおぞら」で焼き肉のお約束パターンで帰宅。
貴重な1日の休みが終了。 雲も霧も多かったが、山頂付近では夏空も楽しめたので良かった良かった。
posted by kuma_oga at 13:19| 埼玉 ☔| Comment(4) | 遠征サイクリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月14日

炎天下の帰路

712-1.jpg

伊勢原のルートインで目覚めた朝、外を見ると快晴! 昨日より暑くなりそうな雰囲気だ。
とりあえずホテルの自慢?のラジウム人工温泉に浸かり、バイキング形式の朝食をしっかり頂いて
チェックアウト。 宮ヶ瀬経由で北上して家の方に向かう予定。「家まで100km弱だから自走で帰るか」と
気軽に考えて8時過ぎに出発する。 ヤビツ峠経由は面倒なので却下、私達の足でミニベロでは目当ての
11時の宮ヶ瀬ダムの観光放水に絶対間に合わないし・・(笑

712-2.jpg

適当に細道を抜けて途中から県道64号線で七沢温泉経由で土山峠を越えて宮ヶ瀬湖へ。
それにしても朝から暑いのなんの。汗ダックダクで楽な方のルートなのにグダグダです(^^;

712-3.jpg


712-4.jpg

土山峠を越えると宮ヶ瀬湖。涼しくて気持ちいい〜と感じていたが、道路脇に立つ電光掲示板の
温度は29度となっていた(今まではいったい何度の所を走ってたのだ??)
途中、休憩を挟みゆっくりと上がってきたが、観光放水にはだいぶ時間が余ってしまった。
ダムの管理事務所でダムカードを貰って自転車ごとエレベーターでダム下へ。 前に来たときは下から上に
上がってきたのでエレベーターの有り難みがあったが、下るのはどこか損した気分ですな(笑

ダム下では大勢の見物客が放水を待ち構えてます(ほとんど小学生w) 冷たいドリンクを飲みながら
その時を待ちます。。少ない日陰部分は先に来てる人で埋まってるので炎天下で我慢(あーつーいー><;)

712-5.jpg

そして11時ちょうどに放送と共に放水開始! 
ドドドドドドドドド・・・と間近で大量の水が落ちてくる様は圧巻です。 跳ねてくる水しぶきが
ミストのようにかかるのが気持ちいい。 6分間の放水を楽しんだ後はあいかわ公園の出口まで
自転車を押し歩き。
712-7.jpg

出口までの途中にある石小屋ダム。 小さいダムだけど凝った造りでいい感じのダムです。

712-6.jpg

さてさて、たいした距離を走った訳ではないが、暑さに負けて想定以上にグダグダ・・どうしよう。
バーミヤンで作戦会議の結果、「八王子まで走って八高線で高麗川まで輪行しちゃうのが吉でしょう。
こんな時に気軽に輪行出来るのがミニベロのいい所だし!」という結論(ま、当然だわな)

という事で灼熱の中をもう少しヨレヨレと走って八王子〜高麗川を電車移動。高麗川からは
少し暑さが和らいだ中を帰って来た。

ハンパなく暑かったが色々見どころも多く、なかなか楽しめた「神奈川ミニベロぷち旅行」でした。
kanagawa2.jpg
posted by kuma_oga at 09:19| 埼玉 ☔| Comment(2) | 遠征サイクリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月13日

神奈川ミニベロぷち旅行

711-1.jpg

久しぶりの週末土日の晴れ予報! 夏の海でも見に行こう。
という事でミニベロを輪行して横須賀に向かう。 2013年から最寄りの東武東上線が相互直通の
乗り換え無しで横浜方面に行ってくれてるのでこっちの方にも来たかったのだ。

711-2.jpg

3時間弱で横須賀駅に到着。自転車を組み立て、少し腹ごしらえをして駅向かいのヴェルニー公園に渡ると
海上自衛隊最大の護衛艦「いずも」が見える。 驚くほどデカイ!
軽く調べてみると今年の3月25日に就役、基準排水量1万9500t、全長248m、幅38mで9機のヘリコプターを
搭載出来るらしい。ふむふむ。

711-4.jpg


711-5.jpg

少し走って三笠公園に到着。 日本海海戦で活躍した世界三大記念艦の戦艦みかさを見学。
艦内の観覧もしたい所だが、今日の所は外観を一通り見学して先に進みます。

浦賀湾〜久里浜エリアに来ると「久里浜ペリー祭」で大賑わい・・・人混みは面倒なのでスルーして
火力発電所の脇を抜けて金田湾に抜けると一気に海が広がりました。

711-6.jpg

海の先にはこれから向かう先が見渡せます。 矢印の所は雨崎かな。遠く見えるけど10km程度なので
30分位であのあたりには楽に行けるんだよね。 山の方ばかり走ってるとなかなかない感覚です。

711-7.jpg

広々とした三浦海岸を眺めながら海岸脇の道や国道、県道を辿っていく。写真では解りにくいけど
気温が高く、かなり暑い・・・たまに飛んでくる波しぶきがちょっと心地いい。

711-8.jpg

雨崎の少し南の剱埼灯台に寄り道。(トップの写真)
房総半島の洲崎灯台と対で東京湾の入口を示している1841年(明治4年)に設置された灯台だそうです。
青空と鮮やかな緑の芝に映えて格好いい灯台でした^^

711-10.jpg

さてさて、時間もお昼をとうに過ぎていてお腹が空いてきましたので食事処へ。
この風車の下の宮川湾へ下りていきます。

711-9.jpg

テレビや色々な方のブログでも紹介されてる「まるよし食堂」が今日のお昼ポイント。
お店に入り、まずはノンアルコールビールで乾ききったノドを一気に潤します^^
そして、一番人気の中トロ漬け丼を美味しく頂き満足満足♪

711-15.jpg

食事の後は城ヶ島にも寄りたかったが時間的に余裕が無くなったので一気に北上!
途中、葉山のマーロウをいうお店でプリン休憩をいれて逗子〜鎌倉へ。
鎌倉では仕事絡みの昔からの知り合いに10年ぶりのご挨拶。
炎天下の中、急ぎめに走って真っ赤な汗だくの顔での再開が少し気恥ずかしかったな(笑

711-11.jpg


711-12.jpg


711-13.jpg

再び海岸線に戻り、夕暮れの自転車道を走り茅ヶ崎方面に向かって走って行く。
この時期、日が一気に沈まず少し暑さの和らいだ夕暮れの時間を長く楽しめるのがいいね!

711-14.jpg

そして今日最後の見どころ、サザンビーチのモニュメント「サザンC」に到着。
前回来た時も夕暮れ時だったな(笑)

ここからは海岸線を外れて伊勢原の宿泊地まで一気に走り抜け、出来たてのビジネスホテル
「ルートイン伊勢原」に到着。大浴場で汗を流し、ホテル内の食事処で乾杯して夜が更けていく。

走行距離100.6km
posted by kuma_oga at 10:23| 埼玉 ☔| Comment(0) | 遠征サイクリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月14日

ぷち遠征であじさい巡り

613-1.jpg

梅雨には入ったが天気が良さそうな土曜日。高崎某所にデポしてランドナーで走りだす。
いくつかのアップダウンを繰り返し、とりあえず向かうのは先に見える山の山頂に建つお城!?
写真の矢印の所。 この吉井あたりを通る時にいつも気になっていたので、先日調べてみると
「牛伏山」という山でそこに向かう道にはアジサイが咲き続いているらしい。
「この時期に行くにはピッタリではないか」という事で来てみた次第。

613-2.jpg

途中で見かけた早咲きのヒマワリ。 咲いていく流れが並んでてちょっと面白かった。

613-3.jpg


613-4.jpg


613-5.jpg

牛伏山に上がる道に入るとこの通り。山頂までの約3kmに1400株ほどのアジサイが咲き続いています。
斜度は平均12%くらいあるけど、アジサイが綺麗な所では止まって写真を撮ってるので
さほどキツさは感じないで上がって行く。

613-6.jpg

そして、下から見えていた城に到着。
実は城ではなく、一郷山城跡に建てられた天守閣の形をした展望台。 すごく立派!!
613-7.jpg


613-8.jpg

展望台なのでもちろん上に上がって殿様気分で360度の絶景を楽しみました^^
この後は一方通行の下山ルートへ
613-9.jpg

こちらの道は細くやや荒れた林道の雰囲気。新緑の木漏れ日の中を
下って吉井の町でそばランチ。

613-10.jpg


613-12.jpg


613-11.jpg

ランチの後は一気に気温が上がって暑いのなんの・・・そんな中を裏道つないでやってきたのが
甘楽町小幡地区。 古い町並みが美しく、道路脇に流れる名水の雄川堰の脇にはあじさいが
ポツポツと咲いていていい感じ。 お休み処の「信州屋」さんでお水とコーラを頂いてクールダウン。

613-14.jpg


613-13.jpg

小幡地区の後は群馬サファリパークの脇の大塩湖をぐるっと一回り。
ココもアジサイがたくさん咲いて綺麗な湖でしたよ♪
この後は戻る方向へ。

613-15.jpg

途中にある「こんにゃくパーク」で少し工場見学をして上信電鉄に沿うような感じで
ポタポタと車に戻って終了。
適当に決めたルートだったが、見どころが多くてかなり楽しめたな。
桜の時期にも走りに来たいルートでした^^
posted by kuma_oga at 11:38| 埼玉 ☔| Comment(4) | 遠征サイクリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月06日

湯布院サイクリング

502-1.jpg

5月2日。この日も嫁の実家からのスタート。朝ご飯を頂き、少し用事を済ませてからの出発。
しかしまあ、家から自転車で10分も走るとこの景色・・・どういうこと??

502-2.jpg

そして15分でコレ↑
相方には当たり前の景色のようだけど、こんな景色は普通は早起きしてある程度交通費と時間をかけないと
絶対見れない景色だよ。 なんで小さい頃から自転車に乗ってなかったんだろう・・もったいない(笑

502-3.jpg

看板もバスもオシャレだし、後にそびえる由布岳も素晴らしい。

502-5.jpg


502-6.jpg

うーむ。 移住したくなってくるロケーションです。
そんな景色の中、由布岳の裾野を小道に入ったりしながら回っていきます。
平坦な道は無いけどこんな景色があれば全くきつさは感じないですね。

502-7.jpg


502-8.jpg

メインの道を外れると道は広いが車通りは全く無くて目の前にシカが何頭も出きたりで楽しい楽しい。

502-13.jpg

道が広いのは自衛隊駐屯地があるからなのかな? 時折演習の爆破音が聞こえてきます。

もっと色々な道に入ってみたいのだが、湯布院は山に囲まれた盆地なので山を越えると
戻り時間が遅れてしまうのでこの後は町の方に下りていきます。
502-9.jpg

観光客が居ないエリアをウロウロ・・

502-10.jpg


502-11.jpg


502-12.jpg

湯布院に来る電車も色々あって楽しい。こちらでもやはり背後にそびえる由布岳が
いいアクセントになってくれてます。

夕方まで色々徘徊して戻り、家に湧く温泉に浸かってサッパリ。
なんだか贅沢な時間を過ごせた帰省遠征でした。

翌日は朝に湯布院を後にして三重県のビジネスホテルに1泊。
その次の日に埼玉の家に戻ってきました。ちなみに今回の帰省旅での車の走行距離は2761kmでした(笑
posted by kuma_oga at 17:50| 埼玉 ☔| Comment(6) | 遠征サイクリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月05日

憧れの道へ

501-7.jpg

今回、エブリイで車輪行してはるばる九州までやってきた目的は憧れのココを自転車で走りたかったからです。
朝食を相方の実家で頂いて「やまなみハイウェイ」でデポ地に向かうが、そこまでの道もずっと
素晴らしい道・・早く自転車を下ろして走り出したくてソワソワしながら移動してきました。
本当は全部走りたいが、限られた時間なのでしょうがない。 このあたりは次の機会に残しておく事にする。
目当てのパーキングに車を止めて自転車を出して出発。

501-1.jpg

走り出して早々から絶景続きで、初っぱなから止まっては写真の繰り返しでペースは超遅め。
最高に気持ちがいい道を進んでいきます。

501-2.jpg

なぜか目に砂がよく入るなと思っていたら・・・あ、なるほど。阿蘇山の噴火で火山灰が降灰中との事。
よく見るとガードレールや道の脇の草の葉に灰が積もってます。

501-3.jpg

阿蘇スカイラインから見える阿蘇五岳の真ん中付近の中岳から黒い火山灰がモクモクと上がって
こちらの方に風で流されてるのが解ります。 ちなみにこの阿蘇五岳は内輪山。
私達が走ってるこちら側「阿蘇スカイライン」「ミルクロード」が外輪山です。こっちから見る
内輪山はホトケ様が横になってる涅槃像の形に見えます。(左が頭です)

501-4.jpg

そんなホトケ様を見れる展望ポイントが多く、火山灰はともかく気持ちのいい場所だらけ。
そんな道をもう少し進むと、たくさんの車が止まってるエリアに到着。
止まってる車の脇から砂利の散策道を自転車を押して歩いて行くと・・・

501-5.jpg

出た!! ラピュタ道だ! 

501-6.jpg

まさに空に浮かんでる島の上から下界を見下ろしてるような大絶景に感動! 
誰かの写真を見て初めてココを知ってから、ずっと来たかった場所にようやく来れました^^

501-8.jpg


501-9.jpg

もちろんその絶景を楽しみながら下って行きます。 途中にはツツジが咲くエリアもあり
青空、新緑と合わせてきれいな彩りが続きながら下りてきた。

さて、すっかり昼も過ぎてるのでお昼ご飯を・・事前に調べていた「あか牛丼」のお店に行ってみる
行列必至のお店とのことなので少し並ぶのは覚悟していたが、お店に着いてみるとなんと3時間待ち!!
うーーーむ。 これは無理! 迷わず諦める(笑

501-10.jpg

第二候補のお店も無理そうだったので、偶然見つけたこちらのお店にin.
バイキング形式の「はな阿蘇美」さんで美味しく頂きました。

501-11.jpg


501-12.jpg


501-13.jpg

食事の後はデポ地に向かいます。
今回は普段と違い標高の高いところからのスタートなので、たらふく食べて重い腹での
ヒルクライムです。そんな状態でキツイかと覚悟していたが、意外にも上りルートに選んだ国道は
斜度が緩くて楽に上がって来れましたよ^^

501-14.jpg

大観峰からは朝よりも内輪山の形がクッキリで噴火状況もよく見えました。
この後も少し景色を楽しみながら走ってデポ地に戻って阿蘇遠征終了〜
posted by kuma_oga at 09:47| 埼玉 ☔| Comment(8) | 遠征サイクリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月04日

「潜水艦」と「かきしま海道」

429-1.jpg

どん!
いきなり巨大な潜水艦の写真です。 ここは広島県の海上自衛隊呉史料館の「てつのくじら」前。

今回のGWは珍しくしっかりと休めそうなので、九州に向かうことにしました。
しかし、ウチの車は非力な軽商用車のエブリイ君。一気に九州に行くのには少し無理があるので
広島で1泊する事にして早朝2時起き、3時前に出発して西に向かいます。
そして15時過ぎに家から約900kmほど離れている呉に到着。  なんとか明るいうちに着いたので
呉駅前駐車場で自転車を引っ張り出して組み立てて出発。 過去最長距離のデポです(笑

上の写真は出発地のすぐ近く、資料館の入口にある実際に使われていた潜水艦「あきしお」です。
実物を見るとその大きさにぶったまげますよ!
資料館の中も見学したいところですが、他にも見たい所があるので先に進みます・・
429-2.jpg


429-3.jpg

走り出してすぐ、昭和埠頭に向かうと海上自衛隊の護衛艦がたくさん見えてきました。

429-4.jpg

作ってる途中のもあります。 浮かべたまま作る物なんですかね?
艦艇をまともに見た事が無かったので嬉しいですねー。

429-5.jpg

そしてコレ!! 潜水艦! 格好いい!!! もちろん実際に見るのは初めてです。
日本では間近で見れるのはココだけだそうで、いつかは見に行きたいと思ってた願いが叶いました。
5艇が係留されていてじっくり観察。 双眼鏡も持ってくれば良かったなぁ・・

429-6.jpg

もっと見ていたい所だけど、この辺で。 少しペースをあげて先に進みます。
この後は「かきしま海道」のルートを参考に時間を見ながらペダルを回します。

429-7.jpg


429-8.jpg

すぐに見えてくる第二音戸大橋で倉橋島に渡る。 橋まではループになっていて脚に優しい斜度、
ループの間には植えられているツツジの花が見頃でした。
写真ポイントになってるようでたくさんのカメラマンが三脚構えて夕焼け待ちをしています。
中には場所取りでケンカしてるみっともないカメラマンも・・(笑

429-9.jpg


429-10.jpg

夕暮れの海沿いの道。 普段海を見れないので見る景色のすべてが新鮮で楽しい。
ちょこちょこ止まり、写真を撮りながら進んで行きます。

429-11.jpg

2つめの橋「早瀬大橋」の上から見る景色。
奥に見えるタンカーが通るのを待ってみる。

429-12.jpg

こんな感じ・・


429-13.jpg

「早瀬大橋」を渡ると江田島、グルッと回りたいところだけど時間が足りないので小用港へ

429-14.jpg


429-15.jpg

小用港からはフェリーで出発地の呉港に戻って来ました。
夕方からの走り始めの割にかなり楽しめた呉の夕暮れサイクリングだったな(^^)


429-16.jpg

自転車を車に積んだ後は広島駅前のビジネスホテルに投宿。
夕食は駅ナカの広島焼き「麗ちゃん」でビール片手に美味しい一時を過ごし、さい先のいいGW初日が終了。
posted by kuma_oga at 18:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | 遠征サイクリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月09日

宇津ノ谷峠と高草山

1207-0.jpg

前回の日記「三保半島と日本平」の翌日。
埼玉からはそれなりに遠い静岡。折角なのでもう少しだけ楽しもうと日本平の後は焼津のビジネスホテル泊。
バイキング式の朝食をしっかり頂いて、車はホテルの駐車場に置かせてもらったままで出発。

1207-1.jpg

細道を縫って岡部宿に入り、旧東海道を辿っていく。 

1207-2.jpg


1207-3.jpg

宿場町を抜け、緩い坂を少し上って行くと宇津ノ谷隧道(明治のトンネル)に到着。
その名の通り明治時代に作られたレンガ造りのトンネルです。 一度見たかったのです(笑
詳しくは→コチラのサイトで説明されています。

1207-4.jpg

トンネルを抜けると宇津ノ谷地区の集落。 谷間に街道の面影が残る40戸ほどの集落です。
平成17年度都市景観大賞「美しいまちなみ賞」優秀賞を受賞したらしい。

1207-5.jpg

ランドナーを押しながらゆっくりと散策。 

1207-6.jpg

それぞれの風情ある建物を往復見て回った後は明治のトンネルの隣、かまぼこのような形の
「大正のトンネル」を抜けて少し来た道を戻る。「昭和のトンネル」や「平成のトンネル」も並行して
ありますが、それは特に見る必要もなさそうなのでパスして「廻沢口」の交差点から山の方に向かいます。

1207-7.jpg

川沿いに続く集落を抜けると林道「廻沢線」。やや荒れ気味の道を上っていく、途中から斜度もあがり
グイグイと上って行くと「鞍掛峠」・・・あれ? 道間違えたw 途中の分岐を気づかずに上がって
きてしまった。 分岐まで戻って上り返します。

1207-8.jpg

しかし、この道がタイヘンだった。 荒れてるし、ダートの箇所もあるし、何より15〜6%の斜度が
ずーーっと続く。 途中少し押してやっと高草山の山頂に到着。
1207-9.jpg


1207-10.jpg


1207-15.jpg

焼津の街から御前崎、駿河湾一望の絶景が広がります! 反対側には富士山も頭を覗かしている。
これでこそ、苦労して上った甲斐があるってもんだ(^^)
山頂のベンチに座り、道の駅で買ってきたおにぎりと安倍川餅を食べて大休憩。
さて、そろそろ戻らないと帰る時間が遅くなってしまう。 しかし、上がってきた道で戻るのは
楽しくないので登山道で南側の道まで押し下ります。

1207-11.jpg

15分位だったかな。広がる景色を眺めながら下の道に到着。

1207-12.jpg


1207-13.jpg

茶畑とミカン畑の間を縫うようなつづら折りの絶景道。「シムシティ」のような風景を見ながら下りてきた。

1207-14.jpg

ちょこっとだけ走って帰る予定だったが、思いの外ハードに走って満喫してしまった(笑

車に戻り、焼津さかなセンターで駿河湾定食を食べ、ひものを買って帰路についた。
満足の静岡遠征でした♪
posted by kuma_oga at 10:38| 埼玉 ☔| Comment(2) | 遠征サイクリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月08日

三保半島と日本平

1206-1.jpg

どん。 少し用事もありで急遽静岡県に行って来ました。  清水駅近くの駐車場に車を停めて
ランドナーで出発。青い海、デカイ富士山、格好いい船! 埼玉人には気になる物だらけ(笑
1206-2.jpg

いちいち足を止めてカメラを構えてしまうので全然先に進めない。
富士山運の無い私にしてはクッキリと富士山も見えていて嬉しいロケーションです。

1206-3.jpg


1206-4.jpg

ぐるっと回って三保半島、太平洋岸自転車道で三保の松原に沿って走って行く、正面には富士山。
あれ?少し雲がかかってきたか!?

1206-5.jpg

こちらの灯台が清水灯台。日本で最初の鉄筋コンクリート製の灯台らしい。

1206-6.jpg

あーあ、富士山・・・・半島の先端に来る頃にはすっかり雲がかかってしまった...orz
ま、見えなくなった物はしょうがないですね。

1206-7.jpg

他の景色を楽しみながら進みましょう。

1206-8.jpg

お昼は前もって調べておいた「鐘庵」というお店で桜エビおろし蕎麦と桜エビのおにぎり。
やはりこのあたりに来たら桜エビは食べておきたいですね! さくさくで風味もよくて美味かった!
40店舗あるなかのココが総本店らしい。

1206-9.jpg

食後は三保の松原、御穂神社、羽衣の松等々の見学をして三保半島を後にした。

1206-10.jpg


1206-11.jpg

三保半島の後はせっかくなので日本平に上がって行きます。 上がりはじめはサッカーの試合があるらしく、
道は渋滞、歩道は人だらけだったが、スタジアムを過ぎると快適。茶畑とみかん畑を見ながら緩めの
斜度で進んで行く。 途中途中で清水港やその先に見える伊豆半島が見渡せます。富士山は雲の中w

1206-12.jpg

そして日本平に到着。 あ、この碑は自転車乗りのかたのブログの写真でよく見かける碑だ(^^)

1206-13.jpg

園地を抜けて日本平パークセンターで展望を楽しんだのち、パークウェイで下りてデポ地に戻って来た。。
三保半島&日本平、満喫出来ました♪ 
そして夕ご飯は静岡県の超有名店のこちらで頂きました! 満腹&満足です^^

翌日に続く→「宇津ノ谷峠と高草山
posted by kuma_oga at 11:01| 埼玉 ☔| Comment(4) | 遠征サイクリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月17日

秋の田口峠

1116-1.jpg

昨日はFinalLowの「紅葉の信州に行こう!」の企画で田口峠に行ってきました。
この企画は今回で4回目。 前の3回はタイミングが合わずに行けずようやく行く事が出来た。
デポ地で準備をするが寒いのなんの! どうもウェアの選択間違えた気がするな・・
シューズの選択を間違えた人も居たけど・・(謎
取りあえず持ってきてるウェアで準備してさ出発。

1116-2.jpg

空気も景色も寒々しい雰囲気・・気温はサイコン読みでなんとマイナス1℃!!!そりゃ寒い訳だ。

1116-3.jpg


1116-4.jpg


1116-15.jpg

少し走ってやや登り基調になってくると体も暖まってきてなんとか大丈夫・・
徐々に陽も上がってきて秋色の山が輝き始めました。
時間には余裕があるので、紅葉ポイントではちょこちょこ止まりながらのヒルクライムです。

1116-5.jpg

話にも聞いていたように「10%」の斜度看板はいくつもあるが、実際の所は2〜3%の緩坂の
つづら折りが続き嬉しくなってきますねー。

1116-6.jpg

そして田口峠に到着! 奥に見えるゴツゴツとした特徴的な山は何だろう?と話していたが
帰って調べてみると「立岩」(たついわ)かな。独特な岩壁の形から「西上州のドロミテ」とも
呼ばれてるらしいです。 
峠で写真を撮った後はトンネルをくぐって下り坂・・・天気はいいがやはり超寒い!
指切りグローブ+軍手では手が凍傷になりそうだ・・染み出した水は凍ってるし><;

1116-7.jpg

下ることしばし、雨川ダムで景色が開けました。 コバルトブルーの水面が美しい!道沿いの紅葉も良し!

1116-8.jpg

カラマツの紅葉の写真を撮りながら皆さんに遅れつつダウンヒルでランチポイントへ。

1116-9.jpg

到着したのは「トラットリア SIN」さん。 FinalLowでは焼き肉「あおぞら」に並ぶ聖地!?のお店です。
頂いたのは信州産石臼挽き小麦を使った生パスタの「キノコとクリームソースのタリアッタレ」のランチ。
美味い!! 前菜も手作りパンも美味かった。 他の料理も食べたいのでまた行かないと!

ランチに満足した後は午後の部。 もう一つ緩い峠を越えて戻るそうな。
1116-10.jpg

ダラダラと登る国道299号を古谷ダムまで、そこから林道大上線へ。

1116-11.jpg


1116-12.jpg

お、なんか秋枯れのいい雰囲気の林道だ! こちらもユル坂で嬉しくなってきますね^^
大上峠からは下り・・やはり寒い(笑
特急組?と鈍行組?でバラけてダウンヒル。 私はもちろん鈍行組。写真撮りながら下りていきます。
1116-13.jpg


1116-14.jpg

陽は陰ってしまったけどいい雰囲気が続き、楽しくデポ地に戻ってきた。

ご一緒して頂いた皆様ありがとうございました。
念願の田口峠&トラットリアSINさんを満喫出来て楽しかったです。
またお願いします^^

honjitsu2.jpg
走行距離83.2km



posted by kuma_oga at 09:52| 埼玉 ☔| Comment(7) | 遠征サイクリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月17日

戸隠ポタ!?

615-1.jpg

取材遠征の後はビジネスホテルに1泊。 翌日曜日は前日の疲れもあるし、家までが遠いので「軽く戸隠エリアを
ポタポタしてから帰りましょう」という事にしました。 前の週は仕事が積もってたのであまり下調べもできず、
おおよそのルートだけ地図で確認した程度。 ま、問題ないでしょ。景色良さそうだし^^

ビジネスホテルのバイキング形式の朝食をしっかり食べて出発・・
朝から賑わう善光寺を軽く見物してから北側の山に上がってく。地図には「戸隠バードライン」とある。
こんな名前がついてる道はだいたい気持ちのいい道のはず。  し、しかし...
615-3.jpg

10%近い坂を少し上って行くと・・「七曲り」という所。 斜度看板は16%!?

615-2.jpg

「おいおい、なんだコレ?」 道は鉄骨で囲われ地面は蜂の巣状のコンクリートの凸凹、そして斜度は16〜20%位あり、車通りも結構多いのにこの幅で対面通行しかもバスまで走ってくる・・・
そんなヘアピンのカーブが8つも続く道。(なんで「七曲り」なのに8つのカーブがあるんだ!?)

激坂というより「鬼坂」である。 走り出して5kmくらいしか走ってないのにこんな所を走らされるとは・・
とてもとても足つき無しでは上れない。 足つき数回、そして少し押しまで入ってなんとかクリア。
帰ってから調べてみると結構有名な激坂でした・・そして心霊スポットでもあったりw 二度と来るか!(怒

615-15.jpg


615-4.jpg

七曲りを抜けると景色もググッと良くなって来た。 酷い道の後にはいい道、いい景色が広がるもんである。
しかし、景色は良くなったが予期せぬ自体が・・・道路には無数の毛虫歩兵部隊がウネウネと歩き回り、
頭上からはこれまた無数の毛虫降下部隊がぶら下がっている・・しかも延々と。
うわわわわ・・景色を楽しむどころか、その毛虫を避ける事に全神経を集中させないと進めない・・
これも後から知ったが、今はこのあたりに毛虫が大発生してるとの事(><;

七曲がりを抜けても5〜10%近い坂はそれなりに続き、毛虫を避けながらの障害物ヒルクラで
飯綱高原に到着。 もう完全に「ポタ」でも「サイクリング」でもない別の何かとなっている。

高原の商店で売られてた「苺スムージー」を食べながら大休憩してると商店の奥のテレビではちょうど
W杯で日本がゴールを決めた所らしく盛り上がっていた。
私はサッカーに全く興味がないので今までに試合を見たことが無い。ルールも選手もよく知らない(笑) 野球も同じw

さてさて、休憩後は先へ・・・まだ毛虫が居たらどうしようと思っていたが、この先はだいぶ減って一安心。
615-5.jpg


615-6.jpg

やっと景色も道も楽しめる高原の道となった。  緑の中をまっすぐ抜ける道、木々が開けた所からは
遠くに北アルプスの山々。 そして涼しい風が吹き抜け気持ちいい(^^)

615-7.jpg

お昼ご飯はこちらの超有名店。 戸隠で一番混む蕎麦屋さんの「うずら家」さん。もちろん今日も大行列。
普段の週末なら3時間待ちは当たり前のお店だが、今日はW杯の影響か1時間くらいの待ちで入れそう。
名前を書いて待ち時間の間に鏡池へ。 ちょっと上ってググッと下りて到着。
一番上の写真はこの鏡池の入口の写真です。
615-9.jpg

水面が穏やかだと奥の山々の映り込みが綺麗な池ですが、今日は少し波立ってるので映り込みは見えなかった。
それでも景色はピカイチの美しい池でしたよ。 お蕎麦の予約もあるので長居はしないですぐ戻ります。

615-8.jpg

うんうん、これが噂のうずら家さんの戸隠蕎麦! 天ぷらも頂きました・・美味かったー!
店員さんもすごく丁寧で気持ちのいい方ばかりで人気店なのも納得です^^

さて、食後は少しだけでも「戸隠神社」の雰囲気を見ておかないと。
615-10.jpg

奥社駐車場脇に自転車を置いて15分ほど歩いてやってきたのがこちら。
背の高い巨大な杉ノ木の間に続く奥社への参道の途中にある随神門。

615-11.jpg

そして随神門の先にはさらに大きな杉ノ木が続いていく。 凄い迫力、パワースポットというのも頷ける。
さらに先に歩いて行きたい気もするが時間も押してきてるので、少しだけパワーを頂いたと信じて
今回はココで折り返し、来た道を戻る。

615-12.jpg

予定ではバードラインをグルッと一周回る予つもりだったが、道の雰囲気は十分味わったので予定変更で
大望峠に向かいます。 少し戻って鬼無里に続く県道36号線へ。
そして北アルプスの展望が素晴らしい大望峠の展望台に到着。
615-13.jpg

解ってはいたが、ココは午前中に来るべき所。 せっかくの北アルプスがほとんど見えないです(笑
そのうちリベンジ確定です(笑 
少し休憩した後は一気に鬼無里〜長野のデポ地Pに戻ってきた。

毛虫が居ない時期に七曲りを通らないルート設定でまた来てみたい戸隠エリアでした(^^)

615-14.jpg

鬼無里で見かけた建物(倉庫?)の前で1枚。 


↑七曲りをYouTubeで紹介してる方が居ました。 丁寧な案内付きで解りやすいです^^
posted by kuma_oga at 10:19| 埼玉 ☔| Comment(6) | 遠征サイクリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月16日

梅雨の晴れ間の取材遠征

614-1.jpg


614-2.jpg


614-3.jpg


ずっと雨続きで自転車誌の取材に行けずに困っていたのだが、ようやくこの週末に天気予報で晴れマーク!
別件の仕事を一気にまとめて土曜日の早朝から行って来ました。 出版前なのでルートは詳しく書けない
ですがこんな写真の所の絶景ルート。(行った事ある人ならこの写真で解るかな(笑))

出発地点に向かうまでの空は快晴。 いい写真が撮れるかも! と期待するがスタート地点ではなぜか
ドンヨリと曇り空・・・うーむ。 困ったがとりあえず準備して出発する。

しかし空模様はどんどん悪くなり、ついには雨まで降ってくる始末。 しばしの間雨宿りしながら
「取材やりなおしか??」と不安になってくる。 雨脚が弱まってきたところでグイグイと上っていくと
少し青空が! ふう。一安心です。 そして標高が1500mを越えたあたりから黒い雲が白い雲に変わり、
濃い青空と澄んだ空気でクッキリとした景色が広がってくれました^^

定番ルートのようでちょっと捻った絶景ライドコース紹介にしてみましたが、かなり楽しめるルートです!
詳細は来月中旬の「自転車人」でご覧下さい。
他にもたくさんの絶景ルートが紹介されるので是非是非ご購入くださいませm(_ _)m

614-4.jpg

取材途中・・・イワカガミがあちこちに咲いてましたよ^^
posted by kuma_oga at 10:13| 埼玉 ☔| Comment(5) | 遠征サイクリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月07日

秘境の地!? 妙義ポタ

504-1.jpg

王ヶ頭の翌日5月4日は妙義エリアを回ってみました。 まだ妙義山は走った事がないのでワクワクです。
下仁田から走り始めるが国道を避けて川沿いの裏道を通る。 あらかじめ地図で確認してるので川沿いに
走れば国道の対岸を走ってるはず。 しばらく走って「なんか違う気がする・・」 止まって確認したら
違う川沿いを走ってました(笑  いきなりのミスコース。振り出しに戻って仕切り直し。
今度は間違えずに裏道を通り「中小坂」の交差点から県道51号線に入ります。雰囲気のいい田舎道〜

504-2.jpg

特に何もない杉ノ木峠を越えた先から林道大桁線で大桁砂防ダムに向かう。結構な激坂(><;

504-3.jpg

無事に激坂をクリアして砂防ダムに到着。 ダムの先に荒々しい妙義の山を望む綺麗なダム湖です。
自転車を置いて湖畔を散策。

504-4.jpg

「!!! 何か巨大な物が居る!」

504-5.jpg

さすがに秘境の地と呼ばれるだけの事はある。 恐竜が3体も居るではないか! 
息を潜めて様子を伺っていたが・・

504-6.jpg

あああぁ・・丸呑みにされましたw


さて、くだらない遊びに満足した後は先に進みましょう(^^;
504-7.jpg

県道に戻る途中から見る妙義山。
日本三大奇景の一つとされるだけあり独特の景観、ゴツゴツとした岩肌が格好いい!
ちょうど真ん中付近を横に走る道がこの後に行くパノラマ街道だな(^^)

504-8.jpg

k51~k191に入り、道の駅のうどんで腹ごしらえをしていざパノラマ街道へ。
車とバイクが多い所がやや気になるが、ゆるゆると上る気軽な道。 少し進むと展望が開けて気持ちいい
景色が続きます。

504-9.jpg

「!!!」
景色が良くて忘れかけてたがココは秘境の地、あっという間に10匹位の猿に囲まれました><;
フロントバッグのおやつを狙ってるのか? 襲われる前に逃げるっ!  ふぅ。

504-10.jpg

標高はそれほど高くないけど相変わらず景色はいい。 
しかし、ピーク近くの中之岳神社に着くと一気に雲が広がってきた。
ふと後を振り返ると・・・

504-11.jpg

「!!!」
金色の巨大な大黒様の襲来??  ひー、次から次へと・・・サスガすぎる(笑
空も曇ってきたので、この後さらに何かに遭遇する前に一気にデポ地に撤収しました。
いやあ、色々と面白いグンマーポタでした。 また探検しに行こう♪

GW渋滞にはまるのは嫌なので帰りは上野村で温泉に浸かり、秩父〜定峰越えで帰宅。

今年のGWの自転車遊びはこれでオシマイ。あまり距離は走ってないけど色々楽しめたな。
posted by kuma_oga at 09:52| 埼玉 ☔| Comment(7) | 遠征サイクリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月06日

王ヶ頭へ-2

5032-2.jpg

前回の日記の続きです。
美ヶ原の最高峰である王ヶ頭(おうがとう)に着いたのはいいのだが、実は武石峠からココまでの
冷たい強風でお腹の調子が悪くなってしまいました><;  
しかし、腹は減っているので王ヶ頭ホテルで牛丼を食べて休憩してると腹痛が本格化...orz

幸いココは屋根もあり、風もなく暖かいので落ち着くまで待機。ホテルの1回100円の有料トイレで
300円使ったところでやっと落ち着いてきた。  寒いのを想定してウィンブレの他に腹巻き、防寒着も
持ってきてるのだから「寒い」と感じた時にすぐに着るべきだった(笑

なんとか落ち着いたので、ホテルを後にして建物のすぐ裏にある上の写真の王ヶ頭のピークに来ました。
5032-16.jpg

石碑の先は大パノラマが広がります。正面の奥に見える一番高い山は昨年のGWに行った鉢伏山かな?
眼下には三城牧場が見下ろせます。 あのあたりも自転車で行くと楽しそうだな。

5032-5.jpg


5032-15.jpg

そして少し歩いて標高2008mの王ヶ鼻にやってきました。
松本市街から見上げると先ほどの所が王様の頭、こちらが鼻に見えるらしい。 こちらも素晴らしい
展望が広がる爽快な場所。もう少し空気がスカッと晴れてれば北アルプスの山々も一望できたのに残念。
奥にうっすら松本平が見えるくらいでその先は真っ白でした。

5032-6.jpg

石碑の先にはたくさんの御嶽教の石仏が木曽の霊峰御嶽山に向かい祀られています。
奥に見える鉄塔群は先ほどの王ヶ頭。

5032-7.jpg

足下は薄い石が重なって出来た鉄平石の板状節理でその先は断崖絶壁で縮み上がるような高低差。
先の岩に立ってみたかったが、強風の中そんな事は出来るはずもないので素直に諦めて自転車の所へ戻る(笑

5032-8.jpg


5032-9.jpg

王ヶ頭を過ぎると日本一広い高原とされる美ヶ原高原。 牧場の間の砂利道を進んで行きます。
広々とした開放感、最高に気持ちいい〜!

5032-10.jpg

そしてこの美ヶ原高原のシンボル「美しの塔」。 日本で一番大きい文学碑にもなってるそうですよ。

5032-11.jpg


5032-13.jpg


5032-12.jpg

牧場道を抜けたところでまた自転車を置いてプチハイク。 牛伏山へ上がってみます。
5,6分で山頂に到着。たくさんの石が積まれその隙間から見る王ヶ頭の鉄塔群の雰囲気が近未来的?で格好いい。

5032-14.jpg

美ヶ原の雰囲気を楽しんだあとは、道の駅 美ヶ原高原美術館でホットココアを飲んでから県道464号で
一気にデポ地まで下りてきた。

楽しめるルートだとは思っていたが予想以上に満喫出来ました。自転車は40km位しか走ってないですが(^^;)
もう少し遠景が楽しめる時を狙って再訪したいな。
posted by kuma_oga at 10:01| 埼玉 ☔| Comment(4) | 遠征サイクリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月05日

王ヶ頭へ

503-1.jpg

GW後半連休最初の3日(憲法記念日)は早起きして美ヶ原方面に向かいました。
渋滞が予想されるので朝5時30分に高速に乗ったが事故渋滞・・少しだけ影響を受けたが順調にデポ地の
武石観光センターの駐車場に到着。 今回は走る距離を短めにして山頂の景色を色々楽しもうという魂胆。

503-2.jpg

ささっと準備して出発!走る距離は短いけどしっかりずっと上り坂の県道62号線。
走り出し早々から10%の坂が続きますw
しかし、空は青いし車は来ないし空気は美味しいのでさほど苦も無く標高を稼いでいく。
503-3.jpg


503-4.jpg


503-5.jpg

数キロ上ると斜度は落ち着き5%前後のゆる坂に変わる♪ 大きなヘアピンカーブが続き、景色も色々
変わっていくので飽きずに楽しく進んでいく。

503-6.jpg

県道464号線との合流地点が「武石峠」 『並木橋通りアオバ自転車店』の第一話で出てくる峠だが
漫画の絵とは全く雰囲気が違う。  手書きで適当に「たけし峠」と書かれ展望も無い。
しかもうっすらと峠の名前の前に「ビート」と落書きまで・・(笑

503-7.jpg


503-8.jpg


503-11.jpg

しかし、そのガッカリ峠の先は今まで稼いだ標高のご褒美のような絶景道!
ちょっと霞んで遠景が見えないのが残念だけど最高の景色です。 ちょっと進んでは足を止めて
写真を撮るの繰り返しで先に進めない(笑
ただ、写真では解らないけど実は冷たい強風が吹き荒れていてどんどん体温を奪われます(><;

503-9.jpg

そんな中、少し進むと先に鉄塔群が見えてきた。 あそこがとりあえずの目的地の「王ヶ頭」
県道の終点の駐車場からは荒れたダート道。
一般車両は通行禁止とあるが、行く前に「自転車は大丈夫」と確認を取ってあるのでそのまま進みます。
503-10.jpg


5032-1.jpg

そして到着、王ヶ頭!
独特の景色に荒れた道、冷たい強風も加わり何かのSF映画のロケ地かと思うような場所です。


長くなったので続きは明日。 ちょっとしたアクシデントからの話です><;

続き→「王ヶ頭へ-2」
posted by kuma_oga at 11:11| 埼玉 ☔| Comment(0) | 遠征サイクリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月29日

沼田ポタ

427-0.jpg

雪の回廊を見に行った後、車中泊して翌日は沼田エリアをウロウロ。
埼玉とは2週間ほど季節が遅れてるようで満開の桜をたくさん見かけます。「桜ハンター夫婦」としては
嬉しい限り。出発しても先に進まず、目に付く桜の方についつい足が向いてしまう。

427-1.jpg

雲谷寺というお寺の枝垂れ桜。
淡い色の花の下には穏やかな顔の石像がたくさん並び、スタート早々ありがたい気持ちで進めます(^^
たんぼ道、細道を走り川沿いの林道を抜けて利根沼田望郷ラインに入る。

427-2.jpg


427-3.jpg

直線&大きなカーブが続く道。 ほとんど車も通らず、たまにバイクが気持ちよさそうに抜き去っていきます。

427-13.jpg

途中にある道の駅川場田園プラザあたりはちょっと観光地化されて賑わってます。 廃校を利用した資料館や
SLのD51があり、小さい駅などなど・・・少し見学してまた望郷ラインへ。

427-4.jpg

相変わらず広々として気持ちのいい道が続く。 写真の先のカーブを越えると「上発知」という集落。

427-5.jpg

この集落に咲く「上発知の枝垂れ桜」。
枝振りも樹の足下に立つお地蔵さんもいい雰囲気の立派な桜です。 周りにはカメラを構えた人もたくさん。
しかし!、その何人かは北海道の伝説的番組「水曜どうでしょう」のロケ地巡りをしてる様子。
番組の「絵はがきの旅」で紹介された桜がこの桜なのです(笑
(実は私と相方も「水どう」好きでこの桜を見に来たのは今回3回目www)

ちょうど満開時に来れて良かった。 色々な角度から写真を撮って満足満足。

427-6.jpg


427-7.jpg


427-8.jpg

桜を見た後は近くにある蕎麦屋さん「下山」さんへ。
せいろ蕎麦とマイタケの天ぷら盛り合わせを注文したが、コレが最高、感動的に美味かった!!
大満足でお店を後にしました(^^)

427-9.jpg

お店の窓から見えた枝垂れ桜。 地元では「墓守桜」と言われていて先ほどの桜の兄弟桜だそう。

427-10.jpg


427-11.jpg

上発知集落から続く「大戸屋林道」。 少し荒れていたが眼下に上発知集落、奥に雪を被った武尊山を見ながら
走れるなかなかいい雰囲気の林道を抜けてデポ地方面へ。

427-12.jpg

戻りもあちらこちらの桜で足を止めながらダラダラと戻ってきました。

沼田エリア、里山&原風景の雰囲気が多くホントに気持ちのいいエリアでした。 
走ったのはほんの一部なのでまた機会を見てじっくり訪れてみたいですね。

これで、今年の桜活動は完全に終わりかな。 今年も色々と見れて満足な年でした^^
posted by kuma_oga at 16:58| 埼玉 ☔| Comment(2) | 遠征サイクリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月28日

今年も行って来ました。

426-1.jpg


26日の土曜日、毎年GWの定番になってる志賀草津道路の雪の回廊を見に行って来ました。
今回も草津までデポ。 ちゃちゃっと準備して出発〜! 殺生河原くらいまでは特に見どころもないので
いつもより速いペースで上っていく。
426-2.jpg

相方は結構ノンビリ走ってるようなので一人「武具脱の池」(もののぐのいけ)をぷち散策。
この時点では青空もなかなか。 後の雪の回廊の景色に期待が高まります。

426-3.jpg


426-4.jpg

殺生河原の先、ロープウェーをくぐった所の谷に残る雪の壁。 今までこんな所でここまでの高さの壁は
なかったと思う。 やはり今年の積雪は多いみたいです。

426-5.jpg

開通前の24日に開催された「雪の回廊ウォーキング」の参加者の落書きが今年はちょっと多め(笑

426-14.jpg

そして白根山に到着。 今回は風もなく日差しがポカポカでココまでは半袖ジャージの夏仕様で
上がってきました。 あ、いつもより写真の変化を付けるために「ぐんまちゃん」が同行してます(笑
相方のブログにはもう少したくさん出てますよw
レストハウスで焦がしネギラーメンを食べて先に進みます。

426-6.jpg

いつも強風が吹き荒れる山田峠も今回は珍しく穏やか。
この少し先に中央分水嶺の碑が新しく建ってました。このあたりの尾根を境に雨水は太平洋と日本海に分かれます。

426-7.jpg

そして雪の回廊エリアに到着ー。 例年よりも壁の高さは高く8mとの事。見物の人がいつもより
だいぶ多くて誰も居ないような写真を撮るのはかなり難しい状態です。
下の方で見えた青空も薄くなってしまった。 昨年が綺麗な青空だっただけにちょっとガッカリ。。
426-8.jpg

上からもとりあえず一枚!

426-9.jpg

渋峠まで行って折り返し。 戻りの日本国道最高地点でtwitterのフォロワーさんを見かけてお初のご挨拶^^
ツイートで同じ所を走ってるのは解ってましたが、こんな所でお会いするとは(笑

426-10.jpg


426-11.jpg

復路の雪の回廊の方が少し見物の人も減って空もいい感じになってました。
定番の万座道路のウネウネを見下ろすポイントでも写真を撮って白根山へ。

426-12.jpg

白根山駐車場前の弓池は美しい色に凍ってました。
本当は今回は写真の右の山「逢の峰」まで歩いて上がる予定だったのですが、残念ながら積雪で
登山道は埋まってました、うーむ。。

426-13.jpg

寒くなってきたので後は適当に下山。
車に自転車を積み込み、いつもの温泉&焼き肉を食べて今年の雪の回廊遠征完了〜
posted by kuma_oga at 10:44| 埼玉 ☔| Comment(9) | 遠征サイクリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月12日

トンネルと湖を巡る房総ポタ

111-0.jpg

房総半島には魅力あるトンネルが多いらしいので前々から一度行ってみたいと思ってました。
この時期、標高の高いところは雪が積もってたり激寒だったりなので、そんなトンネル巡りには
ちょうどいい季節かな?と早起きしていざ房総半島へ! (今回トンネルの写真多めです(笑)

111-1.jpg

三連休初日という事だからか早朝から都内の高速は渋滞マークだらけ。一部下道を使い、なんとかクリアして
海ほたるで朝食! やや予定よりも遅れ気味で房総半島入り。新しく繋がった圏央道の市原鶴舞ICで
下りてデポ地点に到着した。

111-2.jpg

そそくさと準備して出発。 マラソンで賑わう高滝湖の脇を抜けて最初のトンネルポイントに向かう。
小湊鉄道 飯給駅(いたぶえき)の近くの細道に素掘りのトンネルが続く道があるらしい。

111-3.jpg

思ってた道で正解。 将棋の駒のような形に彫られた素掘りのトンネルを発見!
気温は低いがテンションは上がっていく。

111-4.jpg


111-5.jpg

やや荒れた道を進んで2つめのドラえもんの「ガリバートンネル」を思わせるような広がりを見せる
迫力あるトンネルが現れた。そしてもう一つの素掘りのトンネルも抜けて養老渓谷に向かう。
111-6.jpg

ちょっと見てみたかった養老渓谷の観音橋。ふむふむ、紅葉時期に来ればいい感じなのだろうか?
特に感動もなく養老渓谷を通過。それにしてもこのあたりは平坦な道はなく、常に上ってるか下ってるかです。

111-7.jpg

国道465号に出て亀山ダムに向かいます。 途中の新筒森トンネルを回避して猿の群れに見下ろされながら
旧道を抜けていく。ちょっと怖い・・

111-8.jpg

亀山ダム。 BE-PALでカヌーの連載でよく出てた湖なので一度来たかった所。なかなか雰囲気のいい所でしたがカヌーは見当たらなかったな(笑   集めてるダムカードは土日祝日はくれないらしい・・ちっ。

111-9.jpg

亀山湖を過ぎた所で遅めの昼ご飯。 相変わらず時間は押し気味なのである。
ランチは「たまらん」というお店で美味しく頂きました(^^)

111-10.jpg

片倉ダム。 ここのダムカードも亀山ダムと同じ場所で配布のためGET出来ず…orz

県道の先、鴨川有料道路の入口あたりから林道香木原線という林道に入っていく。
111-12.jpg

素掘りではないが味のあるトンネルが続く林道でした。トンネル抜けてまたトンネルの繰り返しで
車も全くこないしかなり楽しめる。
111-11.jpg

トップの写真もこの林道にあるトンネルの一つでした(^^)

111-13.jpg

林道を抜けたところが三島湖。 三島ダムは低く珍しい形状なのかな?ここもダムカードは無し・・
ダムの北側に続く道に素掘りのトンネルがあるらしいのでココにも立ち寄ります。
111-14.jpg

一つ抜けて進むともう一つ。
111-15.jpg


111-16.jpg

こっちのトンネルは中でT字に分かれていて湖に繋がってました。

トンネル巡りもそろそろお腹いっぱい、後はデポ地に戻ります。
久留里城を横目に見て一気に戻ってきました。

通ったトンネルの数は普通のも入れると25本! そして4つの湖を回って満足のいく房総ポタでした。
通ったルートは→「房総のトンネルと湖巡り

honjitsu1.jpg
走行距離81.3km

posted by kuma_oga at 13:07| 埼玉 ☔| Comment(10) | 遠征サイクリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月28日

紅葉遠征で瑞牆山

1027-1.jpg

台風一過で秋晴れの日曜日。 少し早めの紅葉を見に行って来ました。
ちょっと早起きして車にランドナーを積んで韮崎へ! ガソリンを入れ忘れてて双葉SAでギリギリの補給で
かなり焦りました。  なんとか無事に着いて自転車を下ろして出発。
塩川沿いを少し走って増富ラジウムラインから上がっていく。
1027-2.jpg

スカッと晴れた青空に八ヶ岳がくっきり。斜度は緩いので気持ちよく進みます。冬装備で出発したが暑い暑い。
すぐに長袖ジャージを脱いで半袖の夏仕様になりましたよ。
1027-3.jpg


1027-4.jpg

標高が上がるにつれて紅葉してる木もちらほら。 秋の雰囲気の山になっていく。

1027-5.jpg

20kmちょっと走ったところでみずがき湖に到着。 雰囲気のいい湖、奥に見えるアーチ橋は鹿鳴峡大橋。
こんなに傾斜してる橋は珍しいような!? 湖畔では焼き芋を売ってたので、一本買ってゆっくり休憩。
焼き芋は久しぶりに食べたが、秋の景色を見ながらの焼き芋ってのは美味いですね(^^)

1027-15.jpg

休憩後は塩川ダムを見学、もちろん管理事務所でダムカードもGETして先に進む。
が、うっかり道を間違えてラジウムラインをココで外れる予定だったのにそのまま増富ラジウム温泉郷の
方に来てしまった・・・戻って上り返すのも面倒なのでそのまま本谷川渓谷の方に抜けていく。

1027-6.jpg

っと・・これが怪我の功名で大正解。 渓谷沿いに紅葉した美しい景色の道が続いてました。

1027-7.jpg


1027-8.jpg

ちょっと走っては写真を撮るのを繰り返し・・またいつものように時間が押してくる。
クリスタルラインとの分岐からは最初の予定のみずがき山自然公園に向かいます。
ちょっと斜度がきつくなり「10%」の看板が続く。 途中でおやつ休憩を一回入れて今回の目的地の
「みずがき山自然公園」に到着。
1027-9.jpg


1027-10.jpg

んー、素晴らしい景色! 眼前に迫る荒々しい瑞牆山の絶景です。日本ではないような景色に満足満足。
しばらく園内をウロウロとして敷地内で遅めの昼ご飯。

1027-11.jpg

今日はコレ!  秋になるとやはりアウトドアラーメンが嬉しいです。 具材はフリーズドライの野菜を
どさっと入れてイタダキマス。 味の方はというと・・

1027-14.jpg

こんなロケーションで食べれば何でも美味いっす(^^)

食後は景色もお腹も満足したので戻ります。 ホントはこの後、木賊峠の方を回っていくつかの峠を経由して
下りる予定だったが、道を間違えた上に時間も押してきてるので却下(膝もダルいし)
上がってくる予定だった道から下りる事にした。
1027-12.jpg

奥に見えるのが瑞牆山、上ってくるときは暑くて夏仕様だったが、下るときは真冬仕様で下ります。
みずがき湖でホットドリンクを飲んでデポ地の方に下りてきた。

1027-13.jpg

韮崎のデポ地近くでは富士山の綺麗なシルエットが見れて今回も満足な遠征サイクリングでした(^^)

honjitsu1.jpg
走行距離70.3km
posted by kuma_oga at 16:05| 埼玉 ☔| Comment(9) | 遠征サイクリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月15日

坂を上ってススキの山へ

1013-8.jpg

西伊豆スカイラインを走った翌日。 車中泊をして稲取にやってきました。
ススキは仙石原が有名だけど、この稲取から上がっていく三筋山の手前に広がる「細野高原」は
仙石原の7倍、東京ドーム26個分のススキ原が広がります。 観光地化されてまだ新しいために
「知られざる絶景」と謳ってます。  前々から「今年の秋にはココに行くぞ!」と思ってた場所なのです。
1013-1.jpg

ただ、ルートラボでも辿ってくれない道なので情報が解らず行き当たりばったり。
連休中日で帰りの渋滞も予想できるので、ここだけ見てご飯を食べて帰路に着く予定で稲取漁港からスタート。

国道から入る道に「細野高原4.5km」の看板があり、そこから上がっていく。
が、初っぱなから10%を越える坂が続く・・・しかもほぼ直登のような道(笑
住宅地エリアを抜け、林道っぽい細道を上がっていきます。 所々で案内の人が立っていて
「大変ですね、頑張ってください」とか「上まで行くんですか?」と声をかけられる。
1013-2.jpg

いつまで上っても延々10%前後の道。 嫌になり始めた頃に三筋山の看板「なげたらア缶」の文字・・
「はいはい、なげずにめげずに頑張りますよ」と思いながらヨロヨロと先に進む。
1013-4.jpg


1013-3.jpg

ふう。なんとか細野高原に到着。確かに一面ススキだらけで見事です。 しかしっ!
到着だと思った所がまだ実は序の口。見どころポイントはここからさらに上でした。
一息ついて高原から三筋山の方に上がっていく。 斜度は今まで上ってきた10%程度は全然可愛いと
思える位にきつくなっていく。
1013-5.jpg


1013-13.jpg

高度が上がるにつれて見晴らしも良くなり、奥に相模灘も広がってきて景色も良くなるが
最後は15%を楽に越えてるような坂になり、山に上がる観光客の送迎車も度々上がってくるので
諦めて押しながら上がっていきました。
1013-6.jpg

ここに上がるまでは雲が広がっていたが、上がると同時に青空が広がり絶景を拝ませてくれました。

1013-7.jpg

海の先にうっすら見えるのは左から大島、利島、新島、写真では見えないけどさらに奥には
房総半島まで望める大展望! もちろん眼下には延々と広がるススキ原、そしてその中を抜ける
クネクネとした細い道がいいアクセントになって素晴らしい。
しばらく景色を楽しんだ後はそのクネクネ道で下りていきます。
1013-9.jpg

両脇に続くススキ原の間をのんびりダウンヒル。細野高原入り口からは来た道を一気に下って・・

1013-10.jpg

はい、海抜0m地点に到着。 お腹も空いたので今回の伊豆遠征最後の食事を食べに行きます。

1013-11.jpg

稲取漁港のすぐ脇にある伊豆の名店「徳造丸本店」で刺身定食を注文。

1013-12.jpg

かつて無いほどの豪華な昼食が運ばれてきましたよ。
埼玉県人には刺激が強すぎるほどに新鮮で絶品の美味さ! 思わずご飯をお替わりまでして
超満腹状態で店を後にしました(^^)

後はお約束の渋滞の中、裏道を駆使しながら埼玉まで帰ってきました。
圏央道が完全に繋がれば、こっち方面に来るのがかなり楽になるので来年からが楽しみだな。

※細野高原は来年以降はさらに人気エリアになり、ススキの時期は自転車で行くのはNGになる気がします。
行ってみたい方は今年がオススメですよー! 見頃は11月中旬くらいまでとの事です。
posted by kuma_oga at 09:50| 埼玉 ☔| Comment(5) | 遠征サイクリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月14日

西伊豆に遠征

1012-6.jpg


埼玉からは遠いし、帰りの渋滞も気になるので滅多に行かない伊豆の方に行って来ました。
苦手な早起きをして車を飛ばして土肥港に到着。 予報通りに風が強めだけど気にせず準備をして出発。
1012-1.jpg


1012-2.jpg

ちらっと海を眺めた後はすぐに山の中へ。「桜山基幹農道」という道に入り、高度を上げていきます。
斜度はキツめだが、雰囲気が良くて風を遮ってくれるので快適かな?
農道の後は国道136号の旧道へ。
1012-3.jpg

西伊豆バイパスが出来てからはほとんど車通りは無くなったようで寂れた国道です。
雰囲気を楽しみながら上って土肥峠から西伊豆スカイラインに入って北上。
1012-4.jpg

今までは山の中だったので気にならなかったが、尾根に出ると風の強さが凄い。10m位の風速を感じます。
向かい風という訳でもないのでなんとかクリアして、土肥港を望む標高800mの土肥駐車場に到着。

港から出発なので解りやすくちょうど800m上ってますね(^^)  ここで持ってきたフルーツケーキを
食べながら小休憩。
1012-5.jpg


1012-7.jpg


1012-8.jpg

標高900mの小土肥駐車場あたりからは富士山も見え始めテンションはアップするが、風速もさらにアップw
風の通り道になってるような谷では強烈な横風が吹き荒れ、下りでも乗ってられないほどでした。
所々で危険回避のために下りて押しながら通過。

1012-9.jpg

あまり自転車を斜めにして写真を撮るのは好きではないけど、これ位傾けないと風で吹っ飛ばされます。
ゆっくり西伊豆スカイラインの絶景を楽しみたかったが、楽しめる状況ではないので、そそくさと戸田峠から
戸田港方面に下りていく。

1012-10.jpg


1012-11.jpg

下りる途中で棚田百選に選定されてる「北山の棚田」の見学。 小さい棚田だけどいい景観でしたよ。

1012-12.jpg

戸田港に下りて遅い昼ご飯。 「さかなや魚清」というお店に入ってみました。
名物のタカアシガニを食べたい所だけど、予算オーバーで無理(笑  
金目鯛の煮魚定食と焼き魚定食を頂きました。 いやあ、美味い!美味しい魚に飢えてる埼玉県人には
タカアシガニではなくとも最高の食事ですわ。 綺麗に食べた後はのんびり港周辺をポタポタ。

1012-13.jpg

色々な場所から富士山を見て後は海沿いに走って土肥港に戻るだけ♪
と思っていたが、戸田港〜土肥港の間はしっかり山道じゃないか・・・予定してない延々の上りで
戻る予定時間が遅れてきたが、ここは夕日が綺麗な西伊豆。
1012-14.jpg


1012-15.jpg


1012-16.jpg

沈み行く太陽が作り出す夕景を楽しみながらデポ地に戻ってきた。


honjitsu1.jpg
走行距離57.1km
posted by kuma_oga at 11:48| 埼玉 ☔| Comment(4) | 遠征サイクリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月29日

毛無峠からの帰り

928-12.jpg

前回からの続きです。 たいした距離でも無いのであまり長くはしたくなかったのですが
なぜか写真が多くて後編となりました(笑 

哀愁漂う毛無峠で冷たい強風にさらされ、すっかり冷えた体で帰路につきます。
場所柄帰りも同じ道、まずは万座に向かいます。
928-13.jpg

が、毛無峠の近くは朽ちかけた道、錆びていい色になったガードレール、そして断崖絶壁もある絶景。
途中から眼下に下りる林道湯沢線のつづら折りの景色などなど・・見どころが多くて相変わらず
無駄に時間ばかり過ぎていく。スタートも遅くて時間も押してるんだからそんな事してる場合ではないのに..

928-14.jpg

万座温泉まで戻ってきた。 本当はこの後日本国道最高地点を越えて渋峠、横手山レストハウスからの
夕日を見る予定だったが、すでに16時30分を回っている。この後は国道まで約4kmの上り返しもあるし
重いランドナーでは無理があるなという判断でこのまま白根山へ。
928-20.jpg

17時10分、白根山到着。 
行きに雲で隠れていた白根山もこの時点では雲が晴れ、特徴ある白い山肌も見えている。
がっ!、とにかく寒い! 行きには8度だったが、その寒さとは全く別物の寒さ・・風も強いし。
余分に持ってきた防寒着を着てもまだ寒いのでカイロも導入。 体感温度は2,3度じゃないかなぁ・・
自販機のホットドリンクを買ってみるが、出てきたのはかなりぬるい物でしたw

928-16.jpg

そんな事をしてるうちに日が沈みだし、空がいい色になってきました。
横手山の展望ポイントで見ようと思っていた夕日が、ここ白根山の弓池でもいい感じで見れそうではないか!
928-17.jpg

んーーー、やはり空気が澄んでる所の夕日は格別!
夕日の写真の撮り方とかは全く解らないので、色々なモード&色々なシャッタースピードでパシパシと
数撃ちゃ当たれば御の字作戦で撮ってみた。 
ちなみに手はかじかみ、寒さで歯はガタガタとなり、体は小刻みに震えてるような状態w
928-18.jpg

もう少し、もう少し・・と待っていたがここらが限界。
寒さもだけど、ここから約14kmの極寒ダウンヒルをしないといけないのだ(笑

928-19.jpg

日が沈み、徐々に暗くなりはじめる中、前後のライトを付けて震えながら下りてきた。
車に自転車を撤収後は、いつもこっちの方にきた時に寄る温泉にゆっくり浸かって冷えた体を完全解凍。
そしてこれまた、いつも寄る焼き肉「あおぞら」でたっぷり焼き肉を食べてから帰路についた(^^)

途中から曇ってどうなる事かと思ったが、今回もいい景色を楽しめた草津エリア遠征でした。


posted by kuma_oga at 20:33| 埼玉 ☔| Comment(4) | 遠征サイクリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

急遽毛無峠へ

928-11.jpg

金曜の夜の天気予報で「土曜日は関東近郊は秋晴れの快晴の行楽日和」との事。
特に予定は決めてなかったのだけど、それでは出かけなければなるまい。と、毛無峠に向かうことにした。
昨年10月に行ったので今回2回目。 今まで行った峠で一番インパクトのあった峠です。
前回はロードで行ったので今回はランドナーで行く事にした。 このあたりはいつも寒さにやられるので
念には念を入れて裏起毛の長袖ジャージとウィンブレ2着、腹巻きにカイロまでバッグに詰め込んでおいた。
出発時はインナー+半袖ジャージ。 家を出るのが遅れてちょっと遅めのスタートでした。
928-1.jpg


928-2.jpg

あ、もちろん自走という事はなく、いつも通りに草津まで車でデポ。
雲は結構あるが青空も見えていい感じである。 上り初めて少し、殺生河原手前の「武具脱の池」がある湿原に
真っ赤に染まったナナカマドの葉が目についたので自転車を止めて歩いて湿原を一周してみました。
すっかり秋の景色が素晴らしいです。

928-3.jpg

毒ガスゾーンの先からの景色。こっち向きでは濃い青空が見えるが、これから上がる白根山方面には
雲が広く発生・・むむむ。

928-4.jpg

せっかくのナナカマドの紅葉もこんな景色じゃ映えないですね。 ほとんど写真を撮らずに
白根山まで上がってきてしまいました。

928-5.jpg

さらに雲も広がり、レストハウス前にある白根山も見えやしない・・・おまけに超寒い。
土産屋さんの温度計は8度を指していた(しかし、この温度はまだ序の口だった)
とりあえず雲が晴れることを願いつつ、レストハウスのラーメンを食べて暖まる。
食べ終わっても残念ながら雲は晴れないが、ここで帰るのも嫌なので長袖ジャージとウィンブレを着て
先に進むことにする。(この時点で着てる物は4枚重ね(笑))

928-11-2.jpg


928-6.jpg
 
国道から万座道路に入ると嬉しいことに少し雲が晴れてきました。紅葉の鮮やかさも映えだして
気持ちよく進めます。
928-7.jpg

万座峠の少し先、景色が開けたところから見ると渋峠、横手山はしっかりと雲の中。
目的地があっちだったら楽しめなかったかも。
928-8.jpg

絶景を楽しみながらもう少し走って今回の目的の毛無峠へ。
928-9.jpg


到着。
少し青空はあるもののココは今回も強風が吹き荒れ、荒廃した日本離れした寂しすぎる景色である。
何故ここに2度来たのか自分でも解らないが、やはりこの独特の景色にはなにかしらの魅力が
あるのかもしれない・・ 
少し前に出た「峠」の本では紹介されなかったですが、私的にはここが1番!
是非一度行ってみて欲しい場所です(^^)

928-10.jpg

道はここで行き止まり。 行き止まりの先には廃坑の小串硫黄鉱山跡が見えます。

しばらくの間、強風吹き荒れるこの地で写真を撮ってココを後にした。 

長くなってしまったので帰り編に続く
posted by kuma_oga at 18:32| 埼玉 ☔| Comment(0) | 遠征サイクリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月29日

雲が邪魔!

828-1.jpg

富士山の写真が撮りたくて天気予報で「晴れ」の予報を信じて昨日行ってきました。
早朝はパリッと晴れていたのだが、8時頃に上の写真のような雲がちらほら・・・
これ以上雲が増えない事を願いつつ、急ぎ気味に有名な富士山展望スポットの二十曲峠に向かう。
828-11.jpg

しかし、向かってる途中にも西の方から大きな雲が富士山に迫ってきているのがよくわかる。
澄んだ青空で快晴なのになぜ富士山だけ・・・
828-2.jpg

二十曲峠に着いてみると・・あららら。 しっかり雲が被ってしまった...orz
この峠に来たのは今回2度目。前回はエンペラーの時だったが、その時も雲が被ったんだよなぁ。。
とりあえずしばらく雲が切れるのを待ってみるが、どんどん悪くなる一方なので諦めて退散。
828-3.jpg

下りてきた頃にはすっかり富士山は雲の中に隠れてしまったよ。

828-4.jpg


828-5.jpg

富士山は見えないが、天気は快晴なので秋の入り口の景色を楽しみながら忍野エリアをポタポタと走って
デポ地に戻って車に自転車を積んで東の方に移動。 

828-6.jpg

昼食を食べるのに予想外に時間をとってしまい、午後は14時を過ぎた頃に田貫湖で自転車を下ろして出発。
雲に隠れていた富士山はまた少しチラチラと姿を現してきた。 今度こそ!と願いつつ猪之頭地区から
林道を上がっていく

828-12.jpg

湯之奥猪之頭林道、結構荒れてるが雰囲気のいい道。 所々で見える富士山をチェックしながら
上がっていく。
828-7.jpg

この道のピークからの富士山が見たくて上がってきたが残念、見える景色はこんな感じ。
この後の予定は特に無いのでしばらく待ってみる。20分ほどこの場で待ってみたのだが・・・
828-8.jpg

あららら・・・またもやすっかり雲の中に隠れてしまった。 うーむ。

828-9.jpg

体も冷えてきたので諦めて撤収!! 一気に下ってデポ地に戻ってきた。
やはりこの時期に綺麗な富士山を撮るのは難しいなぁ。
そのうちまたリベンジだな。
posted by kuma_oga at 11:00| 埼玉 ☔| Comment(3) | 遠征サイクリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月23日

陣馬形山から小渋ダムへ

822-5.jpg

仕事が片付いた一昨日の夕方、車にランドナーを積み込んで翌日の天気予報で天気が良さそうな南信州へ。
車中泊が出来るようになってからは、こういう時間が出来たらすぐ遠征! というパターンが多くなったな(笑

駒ヶ根で1泊して朝食を食べて「日本で一番美しい村連合」に加盟の中川村へ移動。
「天の中川河川公園」の駐車場にデポして今回の自転車活動をスタート。まず目指すは標高1445mの陣馬形山。
822-2.jpg


822-3.jpg

天竜川を渡り、手取川沿いに続く美里集落の間の道を上がっていくが、暑さに負けて自転車をサボり気味の
体にはココがかなりキツイ! ずっと13〜15度の斜度に負けて結構押してしまった・・
集落をなんとかクリアして林道陣馬形線〜林道黒牛折草峠線で上がっていく。
822-4.jpg

斜度は少し落ち着き平均10%位だが、日差しが強まり相変わらずキツイ。 ちょこちょこ休憩しながら
ようやく陣馬形山山頂に到着。
822-6.jpg

山頂からの眺めは思わず声が出てしまうほどの絶景! 疲れも一気に吹き飛びます。
目の前には中央アルプスの山々、そして後には南アルプスの山々。素晴らしすぎる山頂でした。
しばし山頂で景色を楽しんだ後は、すぐ下にあるキャンプ場の東屋でコンビニ弁当のランチ。

822-7.jpg

食後は折草峠方面へ下る。 陣馬形山の後は下り基調で気楽なもんだ(^^)

822-1.jpg


822-8.jpg

途中、少し残るフラットダートの道を抜けて駒ヶ根市と中川村の境の折草峠に到着。
ここからは小渋渓谷に沿って続く細く雰囲気のいい県道を下る。
822-9.jpg


822-14.jpg


822-10.jpg

途中シカが居たり猿が居たり・・人は全く居なくて野生動物の方が多い道でした。

822-13.jpg


822-11.jpg

しばらく走って川は小渋湖となり、謎の要塞小渋ダムが現れた。

822-12.jpg

全然知らなかったダムだけど、かなり大きいダムで高さも目がくらむほど・・・
堰堤の上を走ったり、ダム管理事務所を観察してしっかりダムカードも貰ってココを後にした。
この後もうしばらく下ってデポ地に戻って自転車活動終了。
駒ヶ根の立ち寄り湯で汗を流してから高速で一気に帰ってきた。 
距離の割にかなり楽しめた遠征で満足満足!

今回走ったのは→このルート(ルートラボが開きます)
オススメですが、自販機や食事処、商店等は全然無いので行かれる際にはお気をつけくださいー 



posted by kuma_oga at 11:15| 埼玉 ☔| Comment(4) | 遠征サイクリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月09日

大岩のヒマワリ

808-1.jpg

一昨日の夕方、進めてた仕事が一段落したので車にランドナーと車中泊装備を積み込んで夜のウチに群馬県へ!
やや標高が高めの涼しい所で1泊。 朝起きて、朝食を食べて長野原の町営駐車場に車を駐めて出発。
国道292号線を上がり、途中赤岩地区に寄り道。
808-2.jpg


808-3.jpg

重要伝統的建造物群保存地区という事で雰囲気のいい建物が多く、綺麗に整備された地区でした。
一通り散策してまた国道へ。
808-4.jpg

白砂渓谷ラインとか日本ロマンチック街道と色々と別称のある道(笑 もう少し走って県道55号へ。

808-5.jpg

前半は少しキツめの道だったが少し上ると快適な斜度が続き、ピークの所が1086mの暮坂峠。
ここからはずっと下っていくが、標高が下がるにつれて逆に気温はどんどん上がっていく。
予報では猛暑日という事だったがその通りのようだ。そして県道からまた少し上って目的の
「大岩フラワーガーデンのヒマワリ畑」に到着。

808-6.jpg


808-7.jpg

これこれ、今年はココのヒマワリが見たかったのです。
奥に大岩と青空、手前に一面のヒマワリ畑で素晴らしいロケーションです。(^^)
500円の有料だけど、それ以上の価値ありの場所でした! しばらく写真を撮りながら歩き回って汗だくに
なった後は敷地内の施設でかき氷を食べて大休憩してヒマワリ畑を後にした。

思いの外時間をつぶしてしまったので、昼食予定の四万温泉に行くのは厳しくなってきた・・
暑いし、お腹も空いたので中之条方面に下りましょう。ということにしたが、さらに下る。
途中、気温表示で35度と出ていたが、それからさらに下って直射では40度を楽に超えてる気がする。

ふと、「10割蕎麦」のお店の看板を見つけたのでそこに行くことにしたが、この看板がくせ者だった。
看板通りに進むと坂を上る上る・・そして炎天下の畑の間の道を延々走り、また上るの繰り返し・・・
ちょくちょくお店の看板は出てるが、残りの距離が書いてないから、あとどれだけかも解らない><
808-8.jpg

結局10km近く走らされてお店に着いた頃にはもう2人ともクッタクタ。 おまけに軽く頭痛まで・・
肝心の蕎麦はたぶん美味しいのだけど、食欲も落ちて味もよく解らなくなっているよ...orz

コレはもしかして熱中症になりかけてるのではないだろうか???
悪化させたくないので、蕎麦屋を出た後は中之条駅に自転車を駐めて電車でデポ地まで車を取りに行き、
帰りに自転車をピックアップして帰ってきた。

帰りも少し頭痛が残ってたが今日はスッキリと治ってました。
ま、見たかったヒマワリも見れたし体調も戻ったから良しとしておきましょう(^^;)

まだまだ暑い日が続きそうなので熱中症には気をつけないとですね!
posted by kuma_oga at 10:22| 埼玉 ☔| Comment(2) | 遠征サイクリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月29日

朝霧高原周辺

728-4.jpg

少し前の日記でエブリイに自転車2台を積んで車中泊のネタを書いたが、その後、少し車をDIYして快適?な
車中泊仕様にしてみたのでその実験サイクリング。 車中泊仕様の詳細はまた今度(笑

土曜日の昼の蓮の花ポタの後、夕方から準備して出発。 あまり天気が良さそうな所がない日曜日だが
比較的マシ?で涼しげな朝霧高原に行きました。 夜に到着して無事に就寝。
728-1.jpg

朝起きるとあれれ・・外は霧の中。 車でウロウロしてるうちに少し天気も良くなってきたので田貫湖で
自転車を下ろして自転車活動開始。 富士山が見えてれば行きたい所があったが、今回は見えそうもないので
ノープラン。田貫湖沿いからとりあえず林の中を走って猪之頭へ。
728-2.jpg

途中にあった小田貫湿原で軽く散策。 狭い湿原だけどなかなかいい雰囲気。

728-3.jpg

風情のある猪之頭地区を楽しみながら陣馬の滝に到着。 近くにわさび畑や湧水も豊富で清涼感の
ある綺麗な滝でした。 滝を見た後は本栖湖、精進湖に向かってみる。
国道を渡り、県道71号線を北上。(一番上の写真) 牧場が広がり北海道のような景色が続くがずっと上りw
728-5.jpg

埼玉と違って少し涼しいのが嬉しい。しばらく上って本栖湖へ。
728-6.jpg


728-7.jpg

本栖湖と精進湖をそれぞれ1周して適当なレストランに入ってみたが、高くて不味かったよ(泣
食後は雲も多くなってきたので、一気にデポ地に戻ってきた。

自転車を車に積んだ後は、自転車で寄ってみようか迷ってた白糸の滝&音止めの滝に行ってみた。
728-8.jpg

なんだか凄い数の観光客の滝でした。 自転車で来なくて良かった(笑
左が白糸の滝、右が音止めの滝。

帰りは渋滞を避けて甲府〜秩父経由の下道で帰宅。
posted by kuma_oga at 11:15| 埼玉 ☔| Comment(5) | 遠征サイクリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月07日

もう少し高い所へ

h-1.jpg

前回の高ボッチからの続き。 標高1665mの高ボッチでリベンジを無事果たして休憩した後はさらに上、
標高1928mの鉢伏山に向かいます。数字の上では6kmで263m上がればいいだけなのだが、高ボッチの先は
しばらく下り坂や平坦な道・・
h-2.jpg

残りの距離は短くなるが、高さは稼げてない。 あまり気にせず開けた展望を楽しみながら走って行くが
あと2.5〜3km位になるとやはり斜度が上がり始めた。
h-3.jpg


h-4.jpg

景色は最高なのだが、斜度と風がキツい。ずっと強烈な風のなか13%位の斜度が続く><;
目指すは右上に見える山のてっぺん。
少し進んじゃ写真を撮りつつ休憩して刻みながら距離を詰めていく。
h-5.jpg

振り返ると上がってきた坂がよく見える・・その向こうは塩尻の町かな。あまり調べずに来てみたが
思いがけずの「絶景道」で嬉しいぞ。 そしてようやく道路の終点、鉢伏山荘に到着。
h-6.jpg

ここで100円払って続きは歩き。 予定では山頂でカップラーメンを食べる予定だったが強風で無理と判断。
後で食べることにして歩き始める。 
h-7.jpg


h-8.jpg

自転車で上がってきた坂と違い、こちらは緩やかな歩きやすい登山道。
今まで見下ろしてきた塩尻方面と逆方面の美ヶ原や茶臼山などの山々もよく見える。

h-9.jpg


h-10.jpg

自転車で来る道にハイクを入れることで見れる景色も一気に広がりますねー
ここら辺では360度の展望を楽しみながら歩いて鉢伏山山頂に到着。
展望台もあり、いやはや絶景絶景。
強風に耐えながら景色を楽しんだ後は、自転車のところまで戻って風を避けられる場所探しに向かう。
h-13.jpg


h-14.jpg

やっとゴハンにありつけた♪ と、いってもカップヌードルだが・・・
裏切らない味に空腹と景色のスパイスが加わってやはり数割り増しで美味し!!(^^)

この後のルートも考えていたが、天気が急変して少し雨が落ちてきたので急いでデポ地へ。
車に自転車を積んだ後は渋滞を避けつつ一般道を走り、途中で温泉、食事して帰ってきた。
honjitsu1.jpg
走行距離37.3km



今年は結構遊べて満足なGWだったな(^^)

posted by kuma_oga at 21:44| 埼玉 ☔| Comment(11) | 遠征サイクリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高ボッチリベンジ

t-2.jpg

安曇野を撤収の後、諏訪に移動してうなぎを食べてビジネスホテルに1泊。
そしてGW最終日の5月6日は昨年行って失敗だった高ボッチのリベンジだ!
バイキング形式の朝食をしっかり食べてスタート。道の雰囲気はしっかり覚えてるのでペースは
つかみやすい。・・と言ってもいつもノンビリダラダラペースだが(笑
t-3.jpg


t-4.jpg

GWでもほとんど車は居なくて快適な林道、上ってる途中でたくさんのシカを見ました(^^)
徐々に高度を上げていって無事に高ボッチ高原に到着♪
t-5.jpg


前回は途中から霧が出てしまい、全く景色が拝めなかったが今回は快晴でした!
t-6.jpg


t-1.jpg

やや霞んでてパリッとした景色ではないが、北アルプスの山々や眼下の松本〜塩尻辺りの町が
見渡せました! 無事に高ボッチリベンジが果たせて良かった良かった(^^)

高ボッチの後はせっかくなのでもう少し上へ上がります。(続く)
posted by kuma_oga at 20:01| 埼玉 ☔| Comment(0) | 遠征サイクリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。